2018年12月13日

厨房換気扇交換作業


今週は休日を利用しての厨房換気扇交換作業の記事です。


1.jpg
まず既存の250パイのスパイラルダクトの写真。(換気扇フード側)


2.jpg
既存の250パイのスパイラルダクトの写真。(壁貫通側)


3.jpg

このシロッコファンとスパイラルダクト250パイを取り外します。


4.jpg
ちはら台のビバホームで取り寄せたスパイラスダクト450パイと定着カラー450パイ用。
4m物しか取り寄せ出来ないと思っていたら、なんと2m物が取り寄せできたので嬉しい。


5.jpg
通販のステンレスフード製造販売店に製作をお願いした有圧換気扇用BOX三菱の有圧換気扇取付け枠 PS-40TW  を両面テープで仮止めして換気扇枠の位置を固定。          


6.jpg
既存のダクトを外していきます。


8.jpg
既存のダクトや吊金具を外し、有圧換気扇用部材 PS-35UWDのボルトも外しました。


7.jpg
建築時の写真を確認して強度がある桟の位置を確認。


9.jpg
有圧換気扇BOXの位置を微調整しながら水平を確認し固定。
コーキングはブチルゴム系のコーキング材を使い隙間からの油にじみ対策をしました。


10.jpg
三菱 有圧換気扇 EWF-40ETA を取り付けし、換気扇BOXに空けておいたケーブル通し穴から換気扇電源ケーブルを出し三相200v用コンセントも取り付け。


11.jpg
換気扇BOXの蓋を取り付け。


12.jpg
今回購入した工具、ストレートシャーで、既存のステンレスフードの穴を加工。


13.jpg
既存の蓋も250パイから450パイに穴を大きくして、450パイ用定着カラーをリベットで取付け。


14.jpg
コーキングし、蓋を元の位置にリベット止め。


15.jpg
グリースフィルターの枠と、防火ダンパーを取り付け。


16.jpg
450パイのスパイラルダクトは2mでも20s弱あるのでアングルで支えます。アングルを910mmスパンの下地を確認して取付け。


17.jpg
450パイのスパイラルダクトを取り付け。


18.jpg
完成。


19.jpg
ダクトがだいぶ太くなりました。



今回厨房換気扇を三菱片吸込形シロッコファン BF-28T3から三菱有圧換気扇 EWF-40ETA に交換して、換気扇の風量アップと低騒音化、尚且つ消費電力も約1/3になり、交換して正解でした。


風量 2920㎥/h  騒音75dB   消費電力1030W

三菱有圧換気扇 EWF-40ETA は60Hz時
風量 5520㎥/h  騒音50dB   消費電力350W



ダクトで排気をする場合有圧換気扇よりシロッコファンの方が良いと言われていましたが、シロッコファンはダクトも細く吸込み音がかなりうるさくて結構ストレスになっていました、しかも排気風量もやはりイマイチでして夏場は暑かった!(このシロッコファンのダクトは250パイで取り廻すのが標準。)掃除機で吸っているイメージかな。


2m位のダクトなら有圧換気扇でも問題ない事が確認できました。
ちなみに今回採用した有圧換気扇の羽径は40cmでその中でも風量が一番あるものを採用し、尚且つダクト径を45cmにすることでダクトによる抵抗を軽減しています。



20.jpg
換気扇を60Hzで比較しているのは、インバーターを介して換気扇を動かす事により、50Hzの関東でも60Hzの出力を得られるのです。(写真は最弱に設定している15Hz時。)


風量をこのインバーターでコントロールできるので冬場のアイドルタイムに冷え込む厨房には必須のアイテムでもあります。今回は換気扇交換で負荷は減ったのでインバーターは交換せずに済みました。


自分で厨房換気扇取付け作業をする方の役にたてれば幸いです。あまりそう言う人はいないとは思いますが...。笑


今週の記事は以上です。

追記 : 厨房換気扇交換作業 屋外編はこちら



posted by ウーロン at 01:23| Comment(0) | 記事