2019年01月30日

ステンレスシンクの取付け


今日はちょっとしたDIYの記事です。



その前に、先週金曜日から新メニューになりまして、主な変更点はセットメニューを組み合わせ出来るようにしてみました。詳しくは当店ホームページ左側のメニューをご覧くださいませ。



では、先日ヤフオクで購入した中古ステンレスシンクを取付作業です。


まず既存の立水栓が邪魔なので、中心部の水道管を長く残すようにして立水栓を鋸でカット。

1.jpg
右は切断した立ち水栓。
左の給湯管は建築時に立ち上げておいてもらったものを加工。


2.jpg
切断した立水栓の天蓋をきれいに外し、センターにVP13が通るほどの穴をあけ写真のように加工、止水バルブを取付して既存の立水栓の加工は終了。お湯の方も同様に。


3.jpg
購入した中古ステンレスシンクに混合水栓取付け用の穴あけ作業。


4.jpg
前の店舗で使っていた水栓部材をシンクに取付け。


8.jpg
シンクを仮置きして水平をだし、位置決め。


5.jpg
ステンレスフレキ管を必要の長さにカットし、ツバ出し作業。


6.jpg
混合水栓にフレキ管を取付け。


7.jpg
フレキ管に凍結防止のスポンジを取り付けビニールテープで養生。

9.jpg
接続して完成。


今回、中古で良いステンレスシンクが見つかったものの、送料が高かった。苦笑

しかしラッキーな事に届いてみたらSUS304ステンレスで磁石が付かない高級ステンレスでした。
今ほとんどの厨房機器はSUS430ステンレスで磁石が付くタイプが多く、ステンレスと言えども錆びるのです。
SUS304は錆びに強いので、屋外で使うシンクにはうってつけです。

この屋外混合水栓は、シャワーでグリストラップの掃除や、グリースフィルターの洗浄に使うもので、以前より断然作業がしやすくなりました。



今週の記事は以上です。


posted by ウーロン at 00:18| Comment(0) | 記事

2019年01月23日

AYOG


今日はOUTLANDが休講と言うことで、ヨガ友のH.SさんとS.Hさんと一緒にアクシス一宮でAYOGに参加して来ました。


いつもはなかなか参加できないのAki先生のBORN TO YOGクラス、今日はハンドスタンドのわかりやすいアドバイスも頂け参加できて良かったです。


ヨガのバランス系アーサナでは右手先と左手先、手先と足先のように引っ張りあう事でバランスを保つのがコツですが、
ハンドスタンドでバランスを保ち手根で踏む為に『顎と足先で引っ張りあう』というアドバイス。これは良いかも!です。


今日のインバージョンの練習時間では、何となくしか感覚がつかめませんでしたが、自分はハンドスタンドの時に指先にとても力が入っていて、倒れないように支えているので、この感覚が分かってくるともっと楽にハンドスタンドが出来るようになると思います。



AYOGの後は、Aki先生とH.Sさん、S.Hさんと一緒に自然食のfato.さんでランチ。
AYOGはもちろん楽しかったけど、ランチも色々お話できて楽しかったです。


IMG_20190122_130136.jpg
頂いたお粥のプレートランチ。 (他店の宣伝です。



Aki先生からはアーユルヴェーダの『キッチャリー』と言うお粥のセットのお裾分けを頂きまして、

IMG_20190122_192519.jpg
『キッチャリー』の食材セット

あとは、玉ねぎと生姜、それとギーを用意すれば作れるので今度作ってみます。


と、今日の休日は充実した一日を楽しませて頂きました。感謝〜。



先週の記事でハンドスタンドをサンスクリット語でアドムカシュヴァーナーサナと誤って記載していたので訂正しました。
正しいハンドスタンドのサンスクリット語は『アドムカヴルクシャーサナ』(下向きの木のポーズ) です。
アドムカシュヴァーナーサナはダウンドッグで、『アドムカ』が下向きと言う意味で似ている名前で完全に間違っていました。苦笑



今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事

2019年01月16日

アドームカヴルクシャーサナ(下向きの木のポーズ)


今日はヴィンヤサヨガのクラスで、ハンドスタンドの写真をMegumi先生が撮ってくれたのでちょこっと載せてみます。


いつもハンドスタンドと呼んでいるアーサナはヨガの共通語サンスクリット語で『アドームカヴルクシャーサナ』(下向きの木のポーズ) と言う、ちょっと長い名前でして。

いつもハンドスタンドと簡単に言ってしまっていた為、サンスクリット語のアーサナ名が頭に入っていませんでした。苦笑

ピンチャもいつもピンチャ、ピンチャと略して呼んでしまってますが、『ピンチャマユーラア―サナ』(クジャクの羽のポーズ)とこちらも長めのアーサナ名です。これは覚えてました。笑

アーサナは沢山あるので、まだまだ知らないアーサナ名ってけっこうあるんですよね。
特に難しい複雑なバランスポーズ系はわからないのが多いです。



森が見えるヨガスタジオ、OUTLANDでの写真。
1.jpg
ハンドスタンドのバリエーションの鹿脚、今日は30秒ぐらいのキープが限界でした。


鹿脚は、直立のハンドスタンドよりバランスを保ち易く、尚且つ綺麗に見えるのでピンチャの時でも好きなポーズですが、写真で見るとまだまだ改善点がある事に気づかされます。

足先まで意識が向いていない為、足先まで伸びていないし、うちももに内旋がかかっていない!

バランスを取るのに夢中になって、足先まで意識が届いていないので要練習です。

一時期肘の痛みでハンドスタンドの練習はやめていたんですけど、最近肘への負担が少ない転び方を覚えまして、肘の様子をみながらという感じですけどね。


来週はOUTLANDが休講なので、前回もご一緒したヨガ友のH・Sさんと、ピンチャの師匠S・Hさんと一緒にAki先生のAYOGでまた練習してきます。

先週の休みは夜のSachi先生のクラスに参加して、今日の夜はYuuki先生のYOGに参加してきたりで、ここ数週は毎週BORN TO YOGに参加できてます。



今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 02:27| Comment(0) | 記事

2019年01月08日

ヨガ初め


先週になりますが、今年一発目のヨガはAki先生のBORN TO YOGからでした。

OUTLANDでは木曜日のクラスなのでなかなか参加できないAki先生のクラス、ヨガ友のH.Sさんと一緒に参加させて頂きましてとても楽しかったです。
FB_IMG_1546674619913.jpg
写真はAYOGメンバーの方から差入れのお菓子を頂いているところ。
(Aki先生のfacebookからお借りしています。)

年末年始の一週間ヨガをしなかっただけで、体は硬いし、筋肉痛にも成るわで。

一宮なのでちょっと遠いのですが、今月は火曜日にOUTLANDの休講日があるので、その時またAki先生のクラスの参加してこようかと...。

ここのスタジオは柔術もやっている場所なので、床が柔らかくインバージョンの練習で倒れても痛くないのが良いです。

三角形のマークがあのマークみたいでちょっと気になってしまいました。



今日のMegumi先生のクラスでも体がいつもより硬く感じ、寒さのせいなのか最近経理処理でパソコンに向かっている時間が長かったからなのかよく分かりませんが、体が硬い!

Megumi先生の話で1年の目標をたてましょう。と言っていましたから、ピンチャは比較的簡単に90秒キープできるようになったので、ハンドスタンドで90秒キープできるように目標を掲げてみようかな。



お店の方は、セットメニューを充実させたいと考えておりまして、例年ですと忙しくなり始める3月前までにはメニューの変更をしたいと思っています。
ただ券売機なだけにいろいろ大変でして、券売機本体の設定、券売機ボタンのレイアウト、作製、印刷、プラス、テーブルのメニュー表の作成、印刷、ラミネート、等の作業があり簡単ではないのです、今年は10月に消費税の増税もありますし...。



今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 16:51| Comment(0) | 記事

2019年01月03日

厨房換気扇交換作業 屋外編


本年も宜しくお願い致します、今年も皆様にとってより良い一年となりますように!



さて今日の記事は厨房換気扇交換作業のつづき、屋外編です。


シロッコファンから有圧換気扇に交換作業をしましたので屋外のウェザーカバーもそのままと言う訳にはいかなく、改善作業をしました。


3.jpg
このシロッコファンとスパイラルダクトを外し、有圧換気扇に交換しました。
以前の記事→厨房換気扇交換作業



IMG_20181221_103007.jpg
有圧換気扇でウェザーカバーから排気していましたが、ウェザーカバーが下向きの為、吸気用の勝手口ドアの網戸から排気を吸ってしまい、宜しくない状態でした。


IMG_20181226_175954.jpg
ほぼ真直ぐ排気できるようにウェザーカバーをブリキバサミで切り、曲げて枠を作り、バーベキュー用網をクリップで簡単に固定できるように加工しました。
これなら掃除も楽に出来ます。

油受け用ステンレストレーも、壁に固定したアングル支持金具にのせて完成です。

塩ビのパイプは油が流れるため、すぐに詰まってしまう事を考慮してVU100で配管しました、ここに流れた油はグリーストラップの手前に流れるので、下水本管に流れ出る前に油をすくう事が出来ます。
(建築時に換気扇油受け用にパイプ出しておいてもらう必要があります。)

ちゃんとしたダクト業者でも油受けと称してダクトの下にステンレストレーをただ置いてある事が多いんですけど、あれだと雨が降ればトレーが一杯になり油が外に流れ出す訳でして.....。



シロッコファンから有圧換気扇に交換してしばらく営業していますが、排気も音もだいぶ改善され、風量もアップしたので厨房内が煙で白くなることも少なくなりました。


これにて換気扇交換作業は全て終了。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:38| Comment(0) | 記事