2019年02月12日

一番大切なこと。


今日は久しぶりに人生において『一番大切なこと』の話です。



先日から読んでおりますレナード・ジェイコブソン著 「今この瞬間」への旅


ブログ 本.jpg

また素晴らしい本との出会いに感謝!


以前から葦原瑞穂著『黎明』を何度も取り上げてきましたが、この『「今この瞬間」への旅』はより実践的な事柄が多く記されていてとても勉強になりました。


自分も含めて多くの人はエゴの世界に生きていて、『本当の自分』を忘れている状態にあります。

過去に何度かこのブログに書いていますが、『本当の自分』とは、書籍『黎明』では『普遍意識』という表現で記されていますし、『愛』そのものとか、『大いなる全て』とか、『ワンネス』など、取り扱いが難しいですが『神』、これらはすべて自分以外の何かではなく、私たちそのものなのですが、この本では『実在』という表現で記されています。

簡単に言ってしまえば、自分たちは『今』に意識的にいる事を忘れて、エゴの世界に生きています。
エゴは過去や未来についてしか存在できないのです。

これは無意識な時、思考が心のなかで話していることを声に出してみれば明らかで、過ぎ去った過去や未だおきてもいない未来の話題がメインのはずです。

思考が止んだ『今この瞬間』に実在している『意識そのもの』こそ『本当の自分』だと言うことを思い出す時期にきています。 (多くの人がもうそう言う時期のはずです。笑)

自分もすぐに思考に巻き込まれて『今』にいる事を忘れてしまうのですが、出来るだけ多くの時間を永遠の『今この瞬間』に留まって『実在』としてありたい。そう心に決めました。


少し抜粋すると--------------------

完全にこの瞬間に存在すると、思考は停止し心(マインド)は沈黙します。あなたは思考を停止させようとしていません。この瞬間に存在すると心(マインド)がただ沈黙するのです。

ところで、表に現れようと待つ、さらに深い段階の内なる平和と沈黙があります。心(マインド)が静まり返ると内奥の扉が開かれて、無限で永遠なる静寂があなたの「大いなる存在」の中心核から出現するのです。

一瞬一瞬、あなたには選択があります。「今、この瞬間」の人生の真実に存在するか、それとも思考する心(マインド)の幻想の世界にいるかです。

----------------------------------

ピンと来た方はの是非レナード・ジェイコブソン著 「今この瞬間」への旅を手に取ってみて下さい。



今週の記事は以上です。


posted by ウーロン at 22:54| Comment(0) | 記事