2019年12月03日

感情のワーク


今週は、レナード・ジェイコブソン著 「今この瞬間」への旅に載っている感情のワークについて書いてみます。

感情を伴わない思考は観察しているだけで、おおよそ沈黙する事が多いかと思います。
感情を伴う思考は、自分自身がそれと同化してしまい、強く受けた感情なら尚更いつまでもその事について思考し、なかなか手放せなくなる事が多いのではないでしょうか。

心が揺らぐ事は何んらかの感情が伴っているので、その感情があると気づいて、その感情を持っている事を認めて、その感情を観察していければ、段々とその感情が治まってくる感覚が最近分かるようになってきました。

その前に、まだ自分の内にある解放しきれていない、怒りだったり、悲しみだったり、恐れだったりを手放すワークの方法が、「今この瞬間」への旅に載っていて、自分にはこれがなかなか良かったのでブログに書いてみます。

怒りの感情の場合、だれもいない一人の時に、怒りを口に出してボロクソ言う。という方法。
基本フレーズは「わたし(俺)はとても怒っている」で、その後は色んな事を思い出したりしてできるだけ怒りまくる。

そうしていると、だんだん笑えてきて。すごーく開放された感が体験できます。
「今この瞬間」への旅では、これを『怒りの瞑想』という呼び名で最低1ヶ月間は毎日する事をススメています。

自分はたまにこの『怒りの瞑想』をやりますが、知らず知らずにたまった感情が解放されて気持ちが良いです。

悲しみの感情も同じように、誰もいない一人の時に、思い出してワンワン泣いていると次第に笑えてくるので、解放しきれていなかった悲しみも洗い流す事が出来ます。

いつまでも不要な感情が心に残っていると、その感情について思考が働きだし、『今この瞬間』に留まって居なかったことに気づきます。

ですので不要な感情が自分の内にあるならドンドン手放していくしか無いのです。

たいがい不要な感情と言うのはネガティブな感情がほとんどなので、そういう感情をいつまでも持っていれば身体の不調として表れて来る事もあるそうです、ですので不要な感情を手放して行く作業は健康面でも理にかなっていると捉えています。


今週はヨガワークスのFBが更新されていませんでしたので、ヨガスクールの様子はオアズケです。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事