2014年10月22日

第4回 黎明セミナー 行って来ました。2


今回はセミナーでのお話を少し書いてみます。

最近の災害について

掃除の時には埃が目にとまるのと同じように、この地球の変容の時期に於いては大きな変化が目にとまってみえる。
重要なのは、不安や恐怖心などのネガティブ感情を抱かず、客観的に物事を見て波動を下げないよう努める事が大事。

すべての人々が平穏な心でいるのであれば災害は起こらない、不調和な心が地球に影響を及ぼし反映として災害などが起きてしまう、人々の想念の影響力は大きい。

災害などに対して不安な心を持つ言う事は、そうなって欲しいとイコールである。(意識を向けることによって引き寄せている)、いたずらに「また大地震が来る」などと不安を煽ってはいけない。

助かるべき人はどんな事があっても助かる。


光を与える

どんな仕事であれ、手を抜かずに一所懸命なしとげた仕事は人に光を与えるている。

食べ物は顕著で、愛情を込めて作った食べ物は食べた人に光を入れる事が出来る、しかも人を選ばない。(料理人として再確認できました。)

現在いる場所や状況は自分(自分の魂)にとって必要な場所で、光を入れる為にも重要な場所にそれぞれの魂が配置されている。(簡単に八ヶ岳移住〜。出来ないって事かな?)


祈り

よく「祈って何になるんだ!」と言う人がいるが、"祈り"は宇宙最大最強の力がある。
「地球人類が平和でありますように」とか「闇の方々が改心されますように」と祈ると効果的。


健康

心の平安が第一、心は肉体の主である。

ワクチンは作られた背景によって良い物と、そうでない物とがある。開発者が人々の健康を思い開発されてたワクチンは前者、お金儲けや利権の為に作られたワクチンは後者。


今回はここまで

posted by ウーロン at 13:46| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。