2015年07月22日

フランス映画「美しき緑の星」


昨日はちょっとワープして来まして。笑
着いた先でフランス映画の「美しき緑の星」を御覧なさいと啓示を受けましたので今日観ていました。笑


 

全編はこちらのサイトからダウンロードできます。

 美しき緑の星には貨幣制度はすでに無く、能力も地球人より進化しており、自然と調和した生活を営んでいます。その美しき緑の星から地球へと派遣されストーリーが展開していきます。

星への派遣を募集する際に、他の星への派遣は多くの人が挙手するのに対し、地球への派遣は何度聞いても誰も行きたがらないというシーンは変に納得できる場面でした。

あと、地球上でも未開の地に住む原住民の方が高い精神レベルでの営みをしており、現代社会からすると遅れているように見える原住民の人々の方が高度な精神活動をしていて、遅れているのは現代社会の方だというのも、わかる気がします。
以前の黎明セミナーの際に葦原さんのお話にもありましたし。


これは映画の話では無いのですが貨幣制度が無い進化した星では、お金のかわりに「感謝の念」を置いてゆくと言います。「感謝の念」は何よりも変えがたいものなのだそうです。

確かアミ小さな宇宙人でもそのような描写がありましたね。
P1040843.jpg

※ 当店のお会計は申し訳けありませんが、まだ「感謝の念」でのお会計には対応出来ておりませんのでご了承下さいませ。まだまだ私の意識レベルが低いもので・・・。笑

次回は先週18日(土)黎明セミナー「第24章 教育」の勉強会の内容をあまり多くはないのですが書いてみようと思います。

posted by ウーロン at 18:08| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。