2015年09月18日

9/13 黎明セミナー「第23章 霊的向上の方法と瞑想」



・ ひとり一人がそれぞれ自分のやり方で普遍意識にたどりつく、先達の話も参考になるが、ひとり一人が違った方法で解脱する、これだけ多くの人がいるのはその為でもある。

・ すべての人は例外なくいつかは解脱するわけですが、解脱したいと意識している人は特急列車に乗ったようなものなので、日々の一瞬一瞬を大切にし、また人生を楽しむ事も大切。

・ 「解脱したい!」という感情もエゴなので普遍意識が顔を出しづらい、リラックスしている方が良い。

・ 瞑想は重要ではあるが今の時代は、日常生活でその人の役割を通してカルマヨガを実践していくのも良い。瞑想が苦手な人は瞑想にこだわる必要はない。

・ 自分の好きな事を夢中(無心)でやっている時は瞑想の状態にある。

・ 何より大切なのは日常生活で、自分の役割(仕事等)を丁寧に心を込めて行う。

・ 良い精神状態で仕事をする事が大切なので、仕事に心を込められる状態の忙しさであれば問題はないが、必要以上に忙しいのは好ましくない。漢字の「忙」=心+亡くす

・ 普遍意識は完全なる愛、光で、普遍意識には絶対間違いが起こりえないので普遍意識を信頼し、自分自身が神様として日常生活での役割を行う。

・ 「料理」という章も作ろうと思っていた位に食べ物は重要で、料理人であれば最高の意識状態で作る事により、食べた人に光を入れる事が出来る。食べ物には料理人はもちろん、作物を作る人の意識状態が一番重要である。高い意識状態で作られた食べ物は美味しい。

・ 黎明の読者、セミナー参加者のやるべき役割について、ひとり一人が自分の役割を探して行くことも大切な学びである、また意識世界の知識の伝達は慎重さが必要。

・ サイキックな能力と霊性の高さは無関係。

・ マントラを唱えるのも意識の向上に役立つ。

アワウタ(マントラの一つ)


以上、今回のセミナーを箇条書きでまとめてました。


次回は、セミナーに参加して自分が感じた事を書いてみます。

 
posted by ウーロン at 00:45| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。