2016年10月11日

フリーエネルギー


先週の続きになりますが、
【『黎明』葦原瑞穂氏を送る会について】
葦原氏の『黎明』執筆と生前の功績を讃え、ご縁があった皆様に生前の思い出を語りながら故人を偲んでいただく会を東京都内にて行うことになりました。

http://ctpeak.com/menu/reimei/koenkai/index.html

ですので11月27日はお店はお休みさせていただくかもしれません。。




先日youtubeの動画にある、フリーエネルギー銅線コイルを試に作ってみました。

これです。 ↓

銅線コイルと磁石だけで発電しているようですが、、、


P1050731.jpg
端材のVVF2.0ケーブルから銅線を剥き出し、木の丸棒に巻きつけコイルを作ります。

P1050732.jpg
作ったコイルに定規やマイナスドライバーを挿し均等な間隔に広げます。

P1050737.jpg
動画のようにコイル同士を半田付けします。

P1050740.jpg
右巻きと左巻き、両方作ってみました。

P1050745.jpg
強力なネオジウム磁石をコイルに近づけあらゆる向きや角度で試してみました。

ここまで記事を引っ張っておいて。 結果、電圧0ボルト。。笑

う〜ん、扇型の磁石じゃないとダメなのかも知れません。

他の動画でも、このフリーエネルギーコイルは成功している人もいれば失敗している人もいて正直どうなんだかわかりません。笑


自分はフリーエネルギーは存在していると確信しているのですが、人類の精神レベルがある程度上がってこないとその技術は降ろさせることは無いと思っているんですね〜。

例えば電力が空間から取り出せるようになったとして、その技術を戦争等に使うようなことがあるようでは、意味ないですし。

日常生活でも、電気がタダになったら、人の事は言えませんが、多くの人は電気を消すことを止め、テレビも一日中つきっぱなし...、全世界がそうなれば多くの自然界の生き物への影響は計り知れないものとなるのは誰でも想像が付きます。

太陽光発電も一種のフリーエネルギーだと考えられますが、まだまだ変換効率は良くないですから、少しづつ技術が進歩すると同時に、人類の精神レベルも進歩していかないとダメだと思っています。

逆に、人類の精神レベルが上がれば、そう言った技術も身近なものになるのではないでしょうか。。



今回このフリーエネルギーコイルがうまく出来なかったって事は、自分の精神レベルがまだまだだと証明されてしまいました。笑

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。