2017年11月14日

気付き


今日はちょっと自分の内側について。


最近移転の件で考えさせられる期間が数週間続き、頭の片隅からその思考、感情が表に出て来ては悩み、その繰り返しで、もうその思考や感情に振り回されている自分がいやになって、疲れ果てていました。


思考や感情は本当の自分でない事は重々理解してはずなのに...。
気付いてみると思考や感情と同化している自分がいます。


幸いその事に気付くことが出来ている自体は成長したと感じられるのですが、まだまだ第三者的に思考や感情を観察してはいられず本当の自分を見失い、現象に巻き込まれているのであります。 トホホ...



先日、『黎明』をパラパラめくってたところ、今の自分に丁度良いアドバイスが目に留まりました。


黎明 下巻 第18章 光と闇の識別 P78

周囲の出来事は全て自分の出している波動に因って現象化されているわけですから、自分の心の中に学ぶべき要素となる波動が残っていなければ、不調和な出来事にであうことはありません。

従って浄化の過程で起る困難な出来事の一切は、それが人間関係であれ病気であれ、事故であれ自然災害であれ、必需品の欠乏であれ経済支配であれ、その人の思い、語り、行ってきた様々な表現の中で、自然法則からズレていた部分に気付かせ、心を磨き上げ、魂を進化させるために生じている、必然的な現象であると捕える事が適切でしょう。

このようなレッスンは魂の成長という目的の為に、その人の一番の弱点、最も苦手とする部分を突いて現象化してくるのが普通です。しかしながら、本人の能力を超える課題が与えられることは決してありませんから、もし不調和な出来事に遭遇したら、相手と同じ不調和な心や態度で反応する事なく、それを引き寄せた自分の内側の原因に気付き、いかに愛をもって対処できるかと言う事が、魂にとっての学びであり、人生における成果となるわけです。



これを読んで、なんだかんだ言っても自分という小さい枠に囚われていた事に気付かされたのであります。



不思議な事にそれに気づけたと同時に事態好転の知らせがあり、どうにか話がまとまりそうで数週間の悩みからも解放されそうです。

コンクリートガラ撤去費用の支払いが、売主さんから業者にされておらず、自分が板挟み状態になっていてヤキモキしておりました。仲介不動産屋さんの幾度もの働きかけのおかげで解決しそうです。



好きで移転するわけじゃないのに!! と感情と同化してみる。。



ここ数週、休日のヨガにはホント救われていました。 感謝。。



悪い話ばかりではなくて、解体業者が撤去してしまった古いコンクリート下水マスは新しい塩ビ製の下水マスが入り、この点は結果オーライでした。。

IMG_20171031_154110.jpg




今週の記事は以上です。


posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。