2018年09月11日

『悟りのプロセス』


今週は先週ちょこっと触れた成瀬雅春著『悟りのプロセス』の記事です。

IMG_20180911_011502.jpg


成瀬さんの本はヨガ、悟り、瞑想関連の本がたくさん出ていて、ヨガもホームページをみてもちょっと敷居が高く決心しないと通えそうにない感じが...。

『ハタ・ヨーガ完全本』は、アーサナの説明も詳しく書いてあり良いのですが、一生かかっても出来そうにないアーサナも載っていたりでさすがにレベルの高い本です。



話を戻しまして、


書籍『悟りのプロセス』はヨガ・スートラの解説から始まり、悟りの段階について記されていて、悟りは五段階あると説明されています。


----- 悟りの第一段階、神様と出会う。 -----

信仰している宗教の神様と瞑想時に出会うという話が書かれていて、成瀬さんの体験談も記されています。

-------------------------------------------

あまり書きたくないんですけど、
自分もこれと似たような体験をしていまして、もう10年位前になりますが瞑想が日課だった頃に、瞑想に入ると「大丈夫だよ」と女性の優しい声でこの一言だけよく耳にしていました。実際には耳にするというか自分の内側から聞こえてきている感じでこの声を聴くと安心して皮膚の表面に静電気が優しく走る感覚がしていたのを覚えています。自分はいつもその言葉に対し「ありがとうございます」と返事をしていました。自分は宗教的に無信仰ですので、よくわかりませんが女神様だったのでしょうか?





----- 悟りの第二段階、神様は見えない -----

第二段階になると、第一段階の神様は消え、霊性も高まりより深い悟りになると記されています。

-------------------------------------------

自分の場合もそのうちそう言った声も聴こえなくなり、瞑想時ただ自分を見つめているだけの状態が長く維持できるようになっていた気がします。






----- 悟りの第三から四段階、究極の存在になる -----

「究極の存在を洞察している」のは”自分という存在”。
この段階ではきりぎり自分の存在を認識していて、自分が「究極の存在を洞察している」と言う立場。

第三段階の悟りを積み重ねていくと、徐々に『自分』という意識が希薄になり、かすかに『自分』という意識の痕跡がのこるようになり、それもいつしか消え去ります。そこの残るのは『存在感』だけです。

----------------------------------------------------------

ここまで読んで自分の今いる段階を知る事が出来ました。

最近めっきり瞑想しなくなってしまいましたが、今でもはっきり瞑想中に『あっ、これか!』と体験したのを覚えています。
『これ』と言っても決して特別な物ではなく、普段から身近に存在している『それ(これ)』への気付きでした。

書籍『黎明』はこの体験をしたおかげかすんなり理解出来て、「ものすごい本に出会ってしまった。」というのが第一印象でした。

書籍『黎明』では「これ(それ)」について「普遍意識」という表現で記されています。


その後に読んだ本で、本の名前は忘れましたが、『空間こそ意識そのもの』という言葉を見た瞬間「もう少しだった〜」と、解脱しかけたような不思議な感覚を味わいました。



----- 悟りの第五段階、自然に訪れる悟り-----

悟りの第四段階がすでに説明不可能な領域であることを考えれば、当然悟りの最終段階である第五段階はさらに説明が難しい。悟りの第五段階は睡眠と似ている。

----------------------------------------------------------

自分はこれを経験していないので何も書く事はできませんが、いずれはみんな通る道ですからいずれ自分にも自分に合ったタイミングで訪れると思っています。


10万人が悟りの最終段階まで達すると地球規模でみんなが連鎖的に悟りの境地へ達するとの話を『黎明』の著者葦原先生からセミナーの際に伺っていますから、できることなら自分も地球の手助けで出来れば良いんですけど・・・・。



誰しも、殺人や奪い合いのある学校に通おうとは思いませんよね。

でも残念な事にこの地球学校では未だに戦争や紛争など悲しい出来事が地球学校内で起きてしまっています。

みんなが解脱(悟りの最終段階)まで達すると戦争も奪い合いも無い優等生学校に地球も大きく変化することは間違いのないことです。

先日亡くなられた「さくらももこ」さんの挿絵がかわいい「アミ 小さな宇宙人」でも惑星規模で変わっていく描写があります。

その他、「神様は何もしてくれないよ!」というアミの言葉も的を得ていてタダならぬ文庫本なのであります。内容も面白いですし。


神様=普遍意識は何もしてくれませんが、自分たちが存在する事をただただ許してくれています。

もっと言えば普遍意識は自分そのものです。


※ 本来『神』とは普遍意識の事で、当然本当の自分そのものの事をさしますが、人より高次の存在を『神』としている事が多々ありますので、『神』という言葉がどちらを意味しているのか理解することが重要です。


是非とも今生で地球人類、地球のアセンションを体験したい!
それもこれも自分自身にかかっているのは言うまでもないのですが...。笑




長くなりましたが、

今週の記事は以上です。




posted by ウーロン at 06:00| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。