2019年08月20日

ライトワーカー


先日youtubeを見ていましたら、『ライトワーカーである17の特徴』と言う動画を見つけまして...、なんと16個も該当していました。

このブログの説明に「なにげにライトワーカーなんじゃないか?と感じつつ・・・」と書いてありますけど、ほぼライトワーカー確定と言った感じです。


では先週の続きで、並木良和さんの本や動画を見ていてわかったタイムラインを記しておきます。


2020年3月20日(春分)、目を醒ます事を選択した人と、眠り続ける事を選択した人とのゲートが閉まり始める。

2020年8月頃ほとんどゲートが閉まり、2021年12月21日(冬至)までは微かにゲートの隙間があるが、ここを通過するのは至難の業となる。

※ 『ゲート』とは比喩的表現で実際にゲートがあるわけでなくて、そこが分岐点のポイントになると言う意味とのこと。


ですので、目を醒ます事を選択する人は来年3月の春分の日、遅くとも来年の今頃までに不要な感情や執着、エゴを手放して行きましょう! と言う事ですね。


並木さんは中性的な印象で、説明も理解しやすいです。
(この動画はタイムラインについての話は出て来ません。)


タイムライン通りですと、あまり時間はないですが焦りは禁物です。

焦りは不安などからくるの低い周波数のものですので、その感情も手放して行く必要があります。


自分が最近実践しているのは、なるべく『今この瞬間』に留まること。
思考の動きに気づいたら思考を観察し、不要な感情が出てきた時は手放す作業(統合のワーク)をする。

その繰り返しです。

『今この瞬間』になるべく長い時間留まる癖をつけていくしかないので、それに取り組んでいます。



実際にゲートがどうとかでなくても、自分自身の周波数を上げて行く事は、物質次元のこの現在の地球の生活においても自らの周波数が上がった事により自身の環境も変わってくるわけですから、不要な感情やエゴを手放す努力をしても損はないでしょう。


自分が思うに、2020年、2021年と過ぎても地球物質次元では目に見えるような変化はほぼ無いような気がしますが、恐らくその頃には、目を醒ます事を選択した人は、自分自身の周波数が変わったことに気づいている状態になっているのではないかと思うんですよね。


深刻さは必要なく、楽しく自分と向き会ってい行きたいと思います。(自分の思考と感情にはもうお手上げなんですけど...。苦笑)



今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。