2019年12月17日

『目覚め』へのステップ


今週の記事は『目覚め』へのステップについて書いてみます。


IMG_20191215_223141.jpg

書籍『黎明』にしても『今この瞬間への旅』にしてもこの手の本は、読み返していると以前読んだ時より本質への理解が深まった事により、新たな気づきが得られたりします。

---- エックハルト・トール著『ニュー・アース』 抜粋 ----

あなたの本質は意識です。意識(つまりあなた)が思考に自分を完全に同一化し、その本来の性質を忘れれば、思考のなかで自分を見失ったということです。

----------------------------------------------------------

と、どの本を読んでも同じ事が記されてます。


普段思考がうるさいことで感じ取れない自分の内にある常在なる『意識』は、思考が沈黙している時、『在る』という感覚で姿を現します。

最初のうちはこの『在る』という感覚がつかめないかもしれませんが、瞑想などで思考を観察する努力をしていると、あるとき感じとれるようになります。自分がそうでしたから…。


自分=思考・感情ではないと気づき、出来る限りこの『在る』と言う感覚に留まり、思考や感情を常に眺めている『意識』の方へ自分をシフトして行く。

これが『目覚め』へのステップです。


最近こんな記事ばかりですが、この『目覚め』を人生の最優先事項にしない限り、目覚める事はできないと、どの本に記されています。

普段、思考や感情と同化した(無意識という)生活を送ってきたわけですから、意識した状態で常にいるには最優先事項でない限りすぐに思考や感情と同化してしまう事は容易に理解できます。


では、人はなぜ目覚めに向かうのか。
興味のある方は書籍『黎明』に詳しく記されていますので是非お読み頂ければと思います。


前にも書きましたが、自分自身、最近思考している事に多々気づけるようになり、思考が沈黙している時間が増えてきました。

多少の進歩でも嬉しいものです。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。