2019年12月24日

最初の目覚め


今週も先週の続きでエックハルト・トール著『ニュー・アース』の記事です。


--------------------- 一部抜粋 -----------------------


最初の目覚め、思考抜きの意識を一瞬であれ垣間見ること、それだけがあなたの側の行為と一切関わりなく恩寵として起こる。本書がちんぷんかんぷんだ、わけが分からないとお思いなら、あなたはまだ目覚めを体験していない。しかしあなたのなかで何かが反応するなら、なるほどそうだと感じるなら、すでに目覚めのプロセスは始まっている。プロセスがいったん始まれば、エゴに邪魔されて遅れる事はあっても後戻りすることはない。本書を読むことでプロセスが始まる人がいるかもしれない。また本書を読んで、自分のなかにエゴがあって自分を支配しようとしたり目覚めを邪魔しようとしたりしていると気づく人もいると思う。人によっては、今までずっと自分と同一化してきた習慣的な思考、特にしつこいネガティブな思考にハッと気づくことから目覚めが始まる。思考に気づいていて、しかもその思考の一部ではない意識が不意に目覚める。

目覚め、あるいは「今に在る」ことは、わかる人には直接的な体験として生じる。もう単なる精神的な概念ではない。そうなると無益な思考にふけるのではなく、「今に在る」ことを意識的に選択できるようになる。

---------------------- ここまで -------------------------


前にも書きましたが、思考が沈黙している状態を『今この瞬間』とか『今ここ』とか『今に在る』等と言います。これは思考が過去か未来をベースに思考の世界を作り出しますが、逆に『今この瞬間』に在る時、思考の世界は消滅し、思考は沈黙してしまいます。


自分のなかで、この思考が沈黙している時の『意識』を感覚としてわかってしまうと、こう言った本を読んでいてもスーッと自分のなかに入ってくるようになったし、「自分の中心軸に留まる」なんて聞いた時は訳が分からなかったけど、思考が沈黙した時のこの『意識』に留まることだ。ってことも分かるようになって、このあり在りとした『意識』が最近とても力強く感じられるようになってきてます。


日常生活において思考や感情に捕らわれずに、この常在なる意識(自分の中心軸)にしっかり留まり続ける事。これを目指しているのであります。




さて先週のヨガワークスTTの様子

FB_IMG_1576943476834.jpg
ヨガ哲学の時間。目覚めの話や宇宙の話まで飛び交います。


FB_IMG_1576943486332.jpg
逆転のポーズの練習と指導練習の一コマ。
逆転のポーズは、シルシ・アーサナ、ピンチャ・マユーラ・アーサナ、ウルドゥバ・ムカ・ブリクシャーサナの練習と指導。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。