2020年02月11日

『悟りを生きる』つづきのつづき


今週もスコット・キロビー著『悟りを生きる』のつづきです。

この本の11章からは、解脱(一瞥体験)後の気づき(意識)の捉え方について書かれています。

解脱(一瞥体験)後は、気づき(普遍意識)以外のものは存在していないと見抜いているのでその後の在り方が今後参考になると感じました。


この章の冒頭にある、

もしあなたは自分が振り子運動に陥っていて、しかもそれが強烈なものだったり頻繁に起きていると感じているなら、いまはこの章を読まない方がよいでしょう。それよりも、「大切なこと」やこれまでの章で説明したことに専念してください。なにも独立して存在していないことを本当にわかるようになるまで、この章はとっておきましょう。準備ができていない時にこの章を読んでも、わけが分からない、役に立たないなどと思うだけでしょう。

と記されていて、

まだ振り子運動(思考のない気づきの休息と、エゴの状態とを行き来している状態)している自分には、解脱した状態が気づき(普遍意識)そのもので、それ以外に存在していないと言う事は頭(思考)では理解でているつもりでも、実際に11章を読むと理解に苦しむ箇所があり、頭(思考)ではなく実感としてまだ感じ取れていないので、多くの時間を思考のない気づきの中で休息するよに努めていきます。


思考のない気づきの中で休息する事 = 今この瞬間に留まる事 = 内観状態 = 自分の中心軸に留まる事 = 思考が沈黙した状態

表現は色々ありますが同じ事です。


それでも、この本を読んでいて自分も着々と目覚める(解脱)方向に歩んでいるな〜。と実感しています。

以前取り上げた書籍『今この瞬間への旅』や、『私と言う夢から覚めてわたしを生きる』、そしてこの本『悟りを生きる』、自分の意識レベルに応じてちゃんと必要な本を手にしている状況。
この世の中に偶然は存在ぜず全ては必然ですから...。


並木良和さんの話だと今年あたりから、目覚める人が急速に増えてくると聞いています。
多くの人がこの意識状態を保ったまま日常を送るようになったらそれは素晴らしいに違いありません。

輪廻転生からの解脱、地球での人生あがりです。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。