2020年02月18日

今週も『悟りを生きる』


今週もスコット・キロビー著『悟りを生きる』のつづきです。

思考を重視するとは、それを分析しよう、増やそう、取り除こう、変えようなどとすることです。例えば「私は悪い人間だ」とう思考が立ち現れると、あなたは自分が悪い人間である理由を数え切れないほど持ち出してくることでしょう。そうすることで、悪い人間だという物語は長く続くように見えるのです。でも実際に起きているのは、様々な短命の思考が次から次へと現れているだけです。現れた思考の存在が全面的に許された時、それは跡形もなく消え去ってしまいます。そうして、思考は本質的に短命なものだという理解が生まれます。思考が消えたら、ほんの少しのあいだ思考のない気づき(意識)として休息してください。その気づき(意識)が本当のあなたです。

本文から抜粋させてもらいましたが.....、↑

普段いつも思考が働いているので気づけていないだけで、本当の自分は思考が沈黙した時に垣間見えるこの意識(気づき)なんだと言う事です。

この本当の自分(意識)をしっかり感じ取る為に、思考が沈黙した時間を少しでも多くとる事が重要になってきます。

そうすることである時、こっちの意識(本当の自分)が実感を伴い認識され、最初の目覚めが訪れます。 自分は瞑想に凝っていた時にこれを体験しました。

自分はここで数年足踏みをしていて、ようやく昨年後半から本腰を上げて次のステップに取り組むようになったのでした。

今後も1日を通してなるべく長い時間思考の沈黙した状態で過ごすこと。これです。( 日常生活中に瞑想を取り入れた感じですね。)


並木良和さんの動画で勧めている統合の方法より自分はこちらの方が向いているので、色々試して自分にあった方法で解脱に至ればそれでOKなのですから...。

もちろんヨガでもよいですし、ヨガクラスで「自分の内側に意識を向ける」とたまに耳にします。自分の体を内側から観察する時、思考が完全に沈黙している感覚をつかみ、その観察している意識の方が本当の自分だと気づけることもあるでしょう。
でもヨガクラス中だけでは不十分なので日常においても自分の内側に意識を向ける必要はあると思います。


この時期、自分だけでなくかなりの人が目覚める為に真剣になっているのではないかと感じているのです。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。