2013年04月24日

黎明「普遍意識」2

今回も黎明「普遍意識」の章を抜粋(一部省略)です。

それでは「真理を悟る」とは、一体どのようなことなのでしょうか。この当然の疑問は、思考を越えたものを、思考によって捉えようとするよくある間違いに陥る可能性を含んでいますから、慎重に話を進めたいと思います。
 私達の個的意識が進化して、自らの内に在る本質が顕れていくと、顕在意識の上限がある特定の波動領域に達したときに、「自分は宇宙そのもので在り、宇宙を創造した主体で在る」と言う真理が、疑う余地のない実感を伴って体験されます。
ここで重要な点は、ある時点から個人意識が普遍意識に進化するのではなく、初めから普遍意識の他には何もなかったことに、ある時点で気付くのだと言う事です。


アマゾンの広告は購入しやすいように張ってあるだけで、当方との利害関係はありません。
posted by ウーロン at 22:10| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。