2013年04月25日

黎明「普遍意識」3

今日もまた黎明「普遍意識」の章を抜粋(一部省略)です。
 

普遍意識の顕現とは普遍意識が自ら行うのであって、私達の多くが日常自分だと思っている個々の意識(現象我)が行うのではありません。従って、どのような手段を採るにしても、解脱を目標に掲げてその為の努力に夢中になると、自分では気付かないうちに自我意識を働かせていて、努力をすればするほど自我をますます強化する作業になり、結果としてかえって解脱を妨げてしまうという、多くの人達が陥ってきた罠にはまってしまう危険があります。ですから当面の私達にできるのは、普遍意識が外界に顕現する邪魔をしないこと、ただそれだけだと言うことを充分に理解して下さい。
そのひとつの方法は、心を働かせることを放棄して、完全なる沈黙の中に自らを置き、一切を成すのは内なる生命であること。自我か幻影であり、自我の中で造られるあらゆる想念、感情、感覚は実在するものでないと言う真理を、徹底的に理解することです。


解脱しようと努力はしない!。想念、感情、感覚に囚われない。完全なる沈黙に自らを置く。



アマゾンの広告は購入しやすいように張ってあるだけで、当方との利害関係はありません。
posted by ウーロン at 23:51| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。