2013年04月27日

黎明「普遍意識」4

今日もまたまた黎明「普遍意識」の章を抜粋(一部省略)です。

地球人類の意識も徐々に進化していますので、次第に普通の人達が普遍意識を顕現し始めるような時代に移って行き、やがては産まれて来るほとんどの子供たちが初めから普遍意識の中に在るように成って、それに伴い地球は大きな変容を遂げることになります。目覚めた魂が卒業していく過程は、地球生命系が後述する25764年周期の二分点のひとつに当たる、魚座の時代から水瓶座の時代に移る過渡期には必ず大規模に起こってきたことなのです。
更に今回はそれだけに留まらず、地球の下限媒体としての表現が物質的バイブレーションから、より高い波動領域に移行する相対的に長い周期(約56億年)の過渡期にも一致していると言う際立った時期に当たっているのです。これは人間も地球自体も共に進化を続けており、人間がいつかは必ず普遍意識に目覚めなければならないことと同じように、地球もまた地球上に生息する人類の意識の反映として、人類の意識の変化に対応するより高い波動領域での表現が中心になるように自然の法則がはたらいているからです。
この地球人類の意識の大いなる転換と、それに伴う地球上の現象的な変動は、私達の多くが今回地上に生命を表現している間にかなりの規模で行われるはずで、本書が著された時点で既に始まりつつありますが、この光に至る変容を、象徴的に”黎明”と言う言葉に託してあります。

どうやら大勢が普遍意識に至る大規模な変容の時期に産まれて来ているようですので、皆様もご一緒に!!



アマゾンの広告は購入しやすいように張ってあるだけで、当方との利害関係はありません。
posted by ウーロン at 00:29| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。