2013年06月26日

黎明「霊的向上の方法と瞑想」3

今回もまた黎明「霊的向上の方法と瞑想」の章を抜粋です。

瞑想に限らず、内在の真理を求めるためのあらゆる種類の試みは、実践しようと思い立ったら「今、直に」始めることが大切で、このことはどんなに強調しても過ぎる事はありません。幾ら残念に思っても、過去に遡って始める事はできませんし、躊躇して未来を待てば、唯一創造の可能な、「奇しき今」を逃してしまうからです。「今やっている仕事が一段落してから」とか、「もう少し地上的な楽しみを味わってから」とか、「自分にはまだそれだけの心の準備が出来ていない」とか、自分をごまかす理由は色々あるでしょう。
しかし有為転変の現象世界では、何を追及したところで一時的な満足しか得られない事は、誰でも心の奥底では識っていますし、永続するものなど何一つない世界に意識を向けている限り、心は常に揺れ動く事になります。こうした現象世界に対する不信が、本物を求める魂の叫びとなって顕れてくるわけですが、
その人の関心が現に今、地上的な出来事よりも霊的な本質に向いていること自体が、本人の魂の熟成を意味しており、今生で解脱に至る可能性を持っていることの裏返しであると言う点を理解して頂きたいと思います。

知識で満足してしまう人にとっては、本書も本棚の片隅を占める単なる情報のコレクションで終わってしまい、その人の今回の人生ではほとんど意味を持たなかったことになりますが、本書の意図するところを、日常の生活に積極的に反映させることが出来た方は、何千、何万、時には何十万転生にもまたがる、魂の悲願、人生における最大かつ唯一の目的を成就することに成るのです。
このような背景はあらゆる時代を通じて共通する真理で在るわけですが、そのこととは別に、
現在の地球生命系に使命を持っており立った、目覚める可能性を持った魂の皆さん達にとっては、現象に囚われて寄り道をしている時間はもはや残されてはいないと言う事実を、はっきりと自覚して頂きたいと思います。

偶然はなくすべては必然ですので、今こうしてこの記事を読んでいる皆さんも魂の熟成期を迎えているわけですから、もはや時間はないようですので内観を進めて行きましょう。


アマゾンの広告は購入しやすいように張ってあるだけで、当方との利害関係はありません。
posted by ウーロン at 14:00| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。