2013年07月10日

黎明「霊的向上の方法と瞑想」6

今回もまた黎明「霊的向上の方法と瞑想」の章を抜粋です。

魂が成長して行く過程と言うものは、自我意識で把握することができませんし、把握しようと思えばそれが自我意識を働かせるので、成長が止まってしまいます。ただ、自分を取り巻く周囲の風景が美しく見えるようになったり、自分の周囲にいる人達が調和してきて、彼等、彼女等の意識が高まったように感じられたとすれば、それは見る人、すなわち自分のバイブレーションが上がったことを反映していますから、それと知ることができます。このような時に特に注意しなければならない点は、自分の意識の進歩が高慢や自惚れにつながる事で、これらは立ち所にバイブレーションを下げ、自我意識を増長させる落とし穴になります。
これとは反対に他の人の進歩を羨ましく思ったり、自分の進歩が遅々としていることに対して焦ったり、自己嫌悪に陥ったりする事も、迷妄そのものですから気を付けて下さい。自分と他の人との比較対象をする事は、それ自体が分離感であり、正しくものを見ていない意識状態であることを充分に理解して下さい。正しい視点では、他の人が進歩すれば自分の進歩であると喜び、遅れている人がいれば、自分の進歩の為にその人に仕えます。個人の意識状態を気にする事は自我の働きであり、普遍意識は全体の進歩の為に、ただ愛を表現するだけであると言う事を忘れないで頂きたいと思います。




アマゾンの広告は購入しやすいように張ってあるだけで、当方との利害関係はありません。
posted by ウーロン at 10:39| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。