2013年08月04日

黎明「占星学」1

今回も黎明「占星学」の章を抜粋です。

いわゆる魚座の時代から水瓶座の時代への移行と言うのは、その周期の前半、すなわち獅子座から始まる一万二千八百八十二年の間に造り出したカルマのバランスを取ることと併せて、熟した魂、つまり地球圏での体験をもう必要としなくなった魂が卒業する時期に当っています。…

いずれにしても、現在の地球は大小幾つもの周期の終わりが重なった極めて特殊な時期にあって、生命の表現領域が物質レベルからより高い波動領域に移行する、地球の歴史の中でも稀な時代であると言う状況は把握しておいて頂きたいと思います。

現在は魚座の分離の時代から水瓶座の統合の時代への転換期と言われていますが、数年前まで完全に分離意識(自我意識)そのもの、と言うより分離意識(自我意識)しか知らず、それが当たり前で生活していた私自身を振り返って見ても、統合(ワンネス)すべては一つの普遍意識へ向かって行っているんだと実感しています。




アマゾンの広告は購入しやすいように張ってあるだけで、当方との利害関係はありません。
posted by ウーロン at 23:58| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。