2013年08月11日

黎明「新しい時代の地球」・「終章」

今回も黎明「新しい時代の地球」・「終章」を抜粋です。

「地球のアセンション」すなわち表現領域の移行は、既に定まった神の経綸であり、誰であろうと、この事実を変えることはできません。…

魂の地上における経験は、平凡な人間の一つの生涯でさえ、厖大な量に及びますが、自分と他人と言う分離意識があり、時間と空間のある世界の中で展開されてきた、地上生活という大いなるドラマの中には、星の数にも等しい様々な人生があるわけです。
 このような多種多彩な人生をそれぞれ何千、何万と体験してきた魂が、地球生命系には地上だけで50億以上も表現されているわけですから、これら全ての魂の、一切の転生を包含する地球生命系の普遍意識がいかに想像を絶する体験の集合体であるのか、そしてこのような意識に目覚めた魂が、宇宙、すなわち大いなる生命の創造活動において、どれほど大きな貢献を為す事ができるのかと言う全貌は、全く人知の及ぶ範囲を超えています。
 私達ひとり一人を通して普遍意識が自覚に至る時(それは全ての人にいつか必ずやってきます)、この地球生命系の創成に秘められた、神の偉大なる経綸の成就を観て、ただただ感嘆するより他はないでしょう。


この章「新しい時代の地球」は3ページと少ないのですが、総てを抜粋したい位ですが、さすがに無理なので「黎明」を是非手に取って読んで頂きたいと思います。
人それぞれ気付きのある箇所も違うと思いますし。

従って、普遍意識の顕現を今生で目指そうとされる方は、今後、一切の答を外側に求めることなく、自分の内側から引き出すように努力されることが、御自身の確実な進歩に繋がると言う事を、理解して頂きたいと思います。

今回で「黎明」の抜粋は終わりになります、私にとってこの本は大変意味のある本でした、
著者の葦原瑞穂さん、ありがとうございました。



アマゾンの広告は購入しやすいように張ってあるだけで、当方との利害関係はありません。
posted by ウーロン at 01:04| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。