2014年06月09日

6/8「黎明」葦原瑞穂さんセミナー


今日は「黎明」の著者葦原瑞穂さんセミナーに行って来ました。
P1030776-s.jpg












「黎明」上巻にサインも頂いて来ました。

今日のセミナーでのお話をちょっと書いてみます。

・ 昨年の八ヶ岳UFOコンベクションの時にもお話のあった10万人が普遍意識に目覚める事により、人類全体の波動が上がり地球のアセンションが可能となる。この10万人とは10万×10万=100億(地球人類の人口70億+アストラル体(幽界)にいる魂)

今回地球で起こるアセンションは他の星でも過去にあった出来事で、当時から闇に支配されている地球に、そのアセンションに間に合わず、言い方はわるいですけどおちこぼれてしまった魂達がこの地球に新たな勉強の場としてやって来た経緯がある。

この時期にその以前アセンションした星の魂達が落第させてしまった現在地球にいる人々(魂)を卒業させるべく地球上に転生してアセンションを成功させる為に働いている。(忘れて現象界に夢中になっている人々(魂)も多い)

その地球上に転生して来ている数が10万人でその約6割が日本に産まれて来ている。

「黎明」の読者はほぼ間違いなくこの10万人の内の一人で、「黎明」は知っていた事を思い出すための本である。

なぜ日本に多くが転生してきているかと言うと、まず日本は比較的安全で他の国などの様に内戦や戦争がない=生命の危険など余計な心配が無いのでバイブレーションを高く保ちやすい、宗教的にも偏見が無く(産まれた時はお宮参り、結婚式は教会、葬式はお寺)片寄った物の見方にならないですむ。

よって日本から霊的な覚醒が世界へと広がっていく。

(普遍意識に目覚める=解脱、悟りを開く)の意味です。

この時期に地球に生まれて来た私達の多くは本来やるべき仕事(地球のアセンションの手助け)があるわけです、次回はその事のお話を書いてみます。

皆さんも気になる方は「黎明」を読まれて思い出してみてはいかがでしょうか?(私は読んでも思い出せませんでしたが、使命だけはなぜかある。)

posted by ウーロン at 00:19| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。