2019年04月17日

自作 駐車場料金箱


今週は自作 駐車場料金箱 作製記事です。

先日、固定資産税(都市計画税含む)の通知が届きまして、まあ想像通りの決して安くない金額でして....。苦笑

移転前の土地は都市計画税も無く税額もそれ程ではなかったので、この差はとても大きいのであります。

と、言う訳で以前外灯の記事でも触れましたが、お店に支障が無いように駐車場の運営をし始めました。

実は計画は移転前から準備しておりまして、駐車場の一部を月極駐車場として貸す事を考えながらも、
まず、お店の定休日の火曜・水曜をメインに貸し出す方法で運営してみる事にしました。


では、自作 駐車場料金箱 作製からです。


1.jpg
電設資材の屋外用分電盤ボックスを購入し、蓋にコイン投入口を取付けていきます。


2.jpg
ドリルで穴を空け、リューター用ダイヤモンドの歯で長穴を切り抜きます。
この作業が一番大変でした。


3.jpg
ヤスリでバリを取り、形を整えます。
(作業場は移転前の厨房内です。)

4.jpg
蓋に作業中傷が付いてしまった為、塗装後コイン投入口を取付けました。


5.jpg
蓋に駐車番号の数字を貼り付け。


6.jpg
料金箱の外まわりは完成。


7.jpg
料金箱を取付けるポストの作製。まず位置合わせ。


8.jpg
鋼材用の金物をボルト止め。
本当は溶接すれば良いんでしょうけど、イマイチ自分の溶接に自信が持てないので...。笑


9.jpg
ローバル(常温亜鉛メッキ)で塗装。線の部分まで地中に埋めます。


-----  ここまでの作業は移転前に終わらせていました。 -----



10.jpg
アスファルトを敷く前に、大網街道沿いに料金箱用ポストを埋めておきました。
電源用のPF管も一緒に出しておきます。


11.jpg
ポストは昨日まで養生してありました。


13.jpg
料金箱の中。鍵も追加で一つ取付けました。


12.jpg
ダイソーで購入した3個100円のタッパーと、ステンレスの定規を加工し、両脇に強力なネオジウム磁石で料金箱蓋の内側に付けます。


14.jpg
料金箱の装飾(案内)。
コンビニのコピー機で印刷して厚手のラミネートをし強力両面テープで貼り付けました。
ゆくゆくは、下記看板のように印刷を頼んで塩ビシートで作ってもらう予定です。


15.jpg
料金箱ポストとの固定完了。


16.jpg
後に照明を付ける予定なので、VVFケーブルを通してあるPF管も料金箱に接続。


17.jpg
安プリに頼んでおいた塩ビシートをアルミ複合板に貼りつけます。
安プリはjpegの入稿(多少荒くはなるんですけど)にも対応していて、officeのpublisherで作ったデータでもOKなのが有難い。


18.jpg
多少空気が入ってしまいましたが、ボチボチうまく貼れました。


19.jpg
看板も設置して本日から運営開始です。


料金箱式の前払いでお釣りは出ません、定休日の火曜・水曜は1日300円ですが木曜〜月曜はお店の営業に支障が出ないように高めに1日1000円に設定して様子を見ていく事にしました。

うまく運営できるか分かりませんけど、やってみなきゃ分かりませんので...。


少しは固定資産税分の穴埋めが出来ると良いんですけどね〜。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:17| Comment(0) | 記事

2019年04月10日

本日の記事は閲覧注意です。


移転してきてからもうじき1年になります。

お店の営業はまだ10ヶ月弱ですが、前のお店より忙しい事もあり足への負担が増した為に、スネとふくらはぎにうっ滞性の色素沈着がどんどん広がってしまいまして...。

仕事中段々と足が重くなってくるので、立ち仕事の人に多い下肢静脈瘤なのかと思い専門医に診てもらったところ、静脈の弁は正常に働くようだが、血液の循環がよくないようなので着圧タイツを勧められました。

着圧タイツは高価なのと仕事中蒸れそうなので、手頃なドクター・ショール メディキュットから着用してみまして、そのおかげで足のかったるさも楽になってきました。

皮膚科ではデルモゾールというステロイド系の軟膏を頂き、約3週間で色素沈着が少しずつ薄くなってきたので多少安心しております。

ただステロイド系なので、長期の使用はできないのでどこまで治まるか気になるところです。


IMG_20190320_235718.jpg
スネの写真、先月中旬。

IMG_20190409_181114.jpg
今日の写真。

IMG_20190410_203130.jpg
ステロイド系の軟膏。

IMG_20190410_213644.jpg
ドクター・ショール メディキュットのショートタイプ。


ドクター・ショール メディキュット、これを履くのと履かないのとでは、足の疲れ方が違うのでもう手放せなくなってしまいました。
ただ厨房は暑いので夏場はどうなんだろ?


苦しい写真を失礼しました。


今週の記事は以上です。
posted by ウーロン at 23:55| Comment(0) | 記事

2019年04月02日

駐車場外灯DIY


今日は駐車場外灯のDIY記事です。

今まで駐車場には外灯を1ヶ所しか取付けてなく、反対側が暗かったのでLED防犯灯を増設しました。

まだ先の予定ですが、ゆくゆくはお店の営業に支障がないような運営方法で駐車場を貸し駐車場としても使いたいと考えていまして...。

なので出来る事から整備していきます。


LED (1).jpg
ネットで注文したかん太シリーズ足場単管パイプ取付金具をブロック塀に取付けていきます。


LED (2).jpg
手持ちの短い単管パイプを使い、垂直を確認しながらアンカーボルトで金具を固定します。


LED (3).jpg
パナソニック製 LED防犯灯 をアルミ製の単管パイプ4mに取付けます。

よく電柱で見かけるこの手のLED防犯灯は価格も手ごろで、暗くなると自動で光る明るさセンサー付きのものでも3000円ちょっとで購入できるのが有難い。消費電力も8Wと省エネです。


LED (4).jpg
LED防犯灯の取り付け完了。
最後に単管パイプ上部にかん太シリーズのキャップを取付けました。


LED (5).jpg
LED防犯灯に接続したVVFケーブルとアース線はアルミ製単管パイプの中を通し、脇から抜きます。


LED (6).jpg
LED防犯灯の設置。


LED (7).jpg
配線も完了し、点灯もOK。


LED (8).jpg
電設資材の塩ビ管とPF管を使い配線を引き込みました。


LED (9).jpg
電源は建物近くのアウトレットBOXから取出し。


LED (11).jpg
Before


LED (10).jpg
After

駐車場がだいぶ明るくなり満足です。


※30Vを超える電気工作物を扱うには第二種電気工事士の資格が必要です、DIYされる方はご注意下さい。



今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事

2019年03月26日

Himalayan Yogshala


今週はヨガの記事です。

先週はOUTLANDが休講だった事もあり、Nana先生が運営している稲毛のヨガスタジオHimalayanYogshalaの陰陽ヨガのクラスに参加して来ました。

この日の陰陽ヨガ担当の先生はMaiko先生で、初めてお会いしましたが瞑想の話で盛り上がり楽しい時間を過ごしました。

Eiko先生から聞いていた長生郡睦沢町のヴィパッサナー瞑想センター(10日間誰とも話さず、目も合わさず、瞑想に専念する施設。)にMaiko先生はなんと6回も参加したことがあるらしく、「一度参加されると良いと思いますよ。」と勧められ心が揺さぶられるのでありました。

正直、非常に興味があり行ってみたいと思っています...。とは言え最低12日間の休みを取らないと行けないので、そこをどうにかするしかないのですが、自営業は有給なんてありませんし。

ヴィパッサナー瞑想センターのサイトを見るとキャンセル待ち多数の状態になっていて人気がうかがえます。

読書も出来なければスマホも預けるそうで、世間から一旦離れ、強制的に瞑想に専念できるのは魅力的です。

プチ出家と言ったところでしょうか。


一度参加するとまた参加したいと思う参加者が多いらしく、強制的に『実在』としての時間を取ることはこの時期必要なのかも知れません。

ヴィパッサナー瞑想センターは国内には千葉と京都の2ヶ所のみで、すべて寄付やボランティアで賄われているそうです。料金も寄付をする形なので決まっていないそうです。


話を戻しまして、


IMG_20190320_093126.jpg
Himalayan Yogshalaの入口。


IMG_20190320_093307.jpg
許可を頂きスタジオ内を撮らせて頂きました。

Maiko先生の陰陽ヨガクラスは、陰ヨガの後、太陽礼拝でしっかり体を動かす陰と陽のメリハリのある陰陽ヨガクラスで、このクラスも気持ち良くて楽しかったです。


瞑想センターの話がメインになってしまいましたが、今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事

2019年03月20日

BGM


今日はBGMの話。

お店にJazzのレコードを飾ってあるせいか、jazzの話で声を掛けて頂けるお客さんも何名かいらっしゃいまして、なかには「BGMで流す曲はリクエストできるの?」と尋ねられるお客さんもいらっしゃいますので今日はBGMの記事です。


基本的にうちのお店はパブリックドメイン(著作権切れ)となった曲(Jazz)しか流さないので、お客さんのご要望に応えるのはなかなか難しい訳でして、持っているCDをBGMとして流す際には、ジャスラックに手数料を支払わなければならない事になってますもので...。


しかもジャスラックは飲食店等で流すBGMの手数料率を12%から25%に引き上げるそうで、今後うちみたいにパブリックドメインのみしか流さないお店も増えてくるんじゃないかと思います。



音楽教室で使う曲ですら、手数料を取ると言って音楽教室と争っていますから。


こんな事をしていたらどんどん町から音楽が消えて無くなっていってしまうんじゃないかと...。

むしろお店などで流れていた曲を「いいな」と感じた人がCDを買ったりする機会を失っていくと考えられないのかな〜と思うんですけどね。


なので、うちのお店では現在、著作権フリーBGM専門店、WHITE BGMから購入したCDのみBGMとして使っております。

IMG_20190320_003149.jpg


IMG_20190320_003221.jpg


自分もJazzを聴く方なのでお店でも流したいのですが、そういう訳でしてJazzファンのお客様ご了承下さいませ。

ちなみに自分はピアノトリオが一番好きで、オスカーピーターソントリオや、ビルエヴァンストリオなどなど良く聴きます。

余談ですが、兄がジャスドラ息子でして。笑 蘇我でドラム教室もやっています。→こちら



(追記) あっ!思考活動したあとは、『今』に戻ろう。


今週の記事は以上です。


posted by ウーロン at 00:08| Comment(0) | 記事

2019年03月12日

ヨガマット


今週はヨガの記事です。

そうそう、そもそもヨガを始めたのもヨガの本質が悟り、解脱への行という認識から始めた訳でして。

そうは言ってもクラスの最中、集中している時以外は楽しくてなかなか実在に留まっている時間は決して長くないのですが、楽しい時間も当然必要ですからね。

でも、動いた後のシャバーサナは実在として在ることが多く、(たまに寝てますが...。笑)
どのクラスでも最後にシャバーサナをとるのはそう言う理由もあるのかもな〜と思ったりもしてます。


そういう流れで、ヨガが生活の一部になっております。


で、今日の本題。『悩んだあげく、新しいヨガマットを購入しました。』

IMG_20190309_212848.jpg
マンドゥカ プロライト。

アシュタンガヨガで多く使われているマンドゥカ ブラックマット プロ と材質は同じで、横幅を60cmとし厚さを5mmにして持ち運びし易くしたヨガマットとのこと。


IMG_20190309_213053.jpg
上に重ねたマットは今まで使っていたマンドゥカ ウェルカムマット、このマットは軽くて電車でヨガに行く時に重宝していました。このマットも悪くはないのですが、若干伸びたり、動くとよれたりするのがちょっとストレスになります。


IMG_20190309_213146.jpg
断面の比較、やはりマンドゥカ プロライトの方が重厚感があります。



天然ゴムのマットは臭いが自分にはダメで、ヨガワークスのプラネットサダナか、このマンドゥカ プロライトにするか悩み、
プラネットサダナの厚さは4.2mm、マンドゥカ プロライトは5mm、結果、5mmの方が四つん這いの時に膝が痛くないかもな〜。という軟弱な理由と、若干ですが100gマンドゥカ プロライトの方が軽いという理由からマンドゥカ プロライトにしました、色はミッドナイト。



IMG_20190306_212945.jpg
最近出来もしないのに頑張っている、スコーピオン。こちらはピンチャバージョン。


IMG_20190306_212831.jpg
こちらはハンドスタンドのスコーピオン。
体がまだまだ硬く綺麗なアーチにならない!(本人はかなり反ってると思ってやってるんですけど....。笑)


新しいヨガマットはテンション上がります。(写真のマットは古いマットです。)


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 02:04| Comment(0) | 記事

2019年03月05日

一番大切なこと。最終章



先週で「今この瞬間」への旅の記事は一旦終わりにする予定でしたが、やっぱりちょっと書き足りてないので今週も『一番大切なこと』の記事です。

内なる意識に気付いた方は、「そうそうこれは自分だよね」と感じた方も多いかと思います。でもこの自分と感じている意識は実はとてつもなく大きくて、大いなる意識そのものだという事。


これを体験して自覚できた時が『悟りを得る』とか『解脱』とかと言われています。実際にはこの大いなる意識、しか存在していないというのが真理です。

空間こそ意識そのもの。この文を読んだ時、解脱しかけた感覚になった事を覚えています。ん〜残念でした。


『黎明』にも、一人の人間の解脱は、単なる個人的な目的ではなく、人類全体、更には宇宙全体に量り識れない貢献をもたらす、全体の目的にも一致している。と記されていますから、自分はもちろんそれを望んでいます。 みなさんも是非。笑


普段、思考(エゴ)=自分 となっていて隠れてしまいがちな本当の自分である『実在』に深く根付いて、思考が沈黙した『今に在る』状態を持続できるようにしていくこと。 これに尽きますね。



----------------- 黎明より 抜粋 -------------------

目覚めた魂が地球圏を卒業していく過程は、地球生命系が、後述する25764年周期の二分点のひとつに当たる、魚座の時代から水瓶座の時代に移る過渡期には、必ず大規模に起ってきたことなのです。

更に今回はそれだけに留まらず、地球の下限媒体としての表現が、物質的ヴァイブレーションから、より高い波動領域に移行する、相対的に長い周期(およそ56億年)の過渡期にも一致していると言う、際立った時期に当たっているのです。
これは人間も地球自身も共に進化を続けており、人間がいつかは必ず普遍意識に目覚めなければならないことと同じように、地球もまた地球上に生息する人類の意識の反映として、人類の意識の変化に対応する、より高い波動領域での表現が中心になるように、自然法則がはたらいているからです。

この地球人類の意識の大いなる転換と、それに伴って起こる地球上の現象的な変動は、私達の多くが今回地球上に生命を表現している間にかなりの規模で行われ、本書が著された時点ですでに始まっていましたが、この光に至る変容を、象徴的に「黎明」という言葉に託してあります。

-------------------------------------------

また、
-------------------------------------------

解脱を射程距離に入れていた準備の整った魂にとっては、この時期に地上に肉体を持っていることは千載一遇、いや五十六億載一遇のチャンスを手にしていることになるわけです。

-------------------------------------------

とも記されています。

中華屋の店主がこんな記事を書く時代ですので、もうすでに始まっています。

今回までの記事で不快を感じてない方の多くは、準備の整った魂の持ち主であると思われますので、是非ご一緒に。



「今この瞬間」への旅 より 黎明がメインになってしまいました。
どちらも素晴らしい本ですので興味のある方は是非。




今週の記事は以上です。


posted by ウーロン at 01:09| Comment(0) | 記事

2019年02月26日

「今この瞬間」への旅 の記事のつづき


今週も「今この瞬間」への旅 の記事のつづきです。

(今週で終わらせる予定。笑)

先週の記事で、音とともに今にいる時(思考が沈黙している時)、内なる意識(「在る」という感覚)を感じる事ができたかと思います。

多分、な〜んだこれか!と感じた方も多いのではないかと...。

実際にはここからが重要で、普段私たちは思考(エゴ)に支配されて生活をしていて、時折集中している時などに『今にいる』ことがほとんどだと思います。

その生活から、徐々にでも常在なるもの(実在)に意識を置き、必要な時にだけ思考を使う生活にシフトして行く事が重要な時期にきているようです。

以前から思考は道具だと聞いていましたから、納得もできます。


------- 抜粋 -------

時折、住む家を離れて「今、この瞬間」を訪れても、あなたはそこに長く留まる事はできないでしょう。それはまるで、あなたに取り付けられた架空のゴムバンドがあなたを素早く「いま、この瞬間」から、過去と未来のマインドの世界に引き戻すかのようです。

しかしながら、実在に深く存在し、「今、この瞬間」により根をおろすにつれ、また、マインドにより意識をもたらすにつれて、ゆるやかなシフトが起こり始めます。その架空のゴムバンドが伸びて緩くなり、あなたはより多くの時を「今、この瞬間」で過ごしているのに気づくでしょう。エゴはあなたにすぐに帰るようにと強要しなくなります。

この瞬間に存在することがあなたの本来の状態です。依然として、思考するためにはマインドの中に入っていきますが、考える事を終えた時には、あなたは自然に新しい家である、実在の目覚めた状態に戻っていきます。そのゴムバンドは今ではあなたを反対の方向に引き寄せます。マインドから実在にあなたを引っ張るのです。

このシフトが起きると、あなたは人生における重要な変容を遂げます。今やあなたは目覚めています。あなたは「今」という世界にある、本当の家にいるのです。

--------------------------


----- この本の訳者の「はじめに」では -----

個人の目覚めは集合的なレベルまで影響を及ぼします。つまり、目覚めた人がこの地球上で増えれば増える程、それが地球全体で起きている環境問題や世界平和などの問題解決につながるのです。

-------------------------------------------------------



葦原瑞穂著『黎明』新版上巻「地球の変容」の章には10万人規模で、目覚めが起きると地球規模で意識を内側から引き上げることになると記されています。

葦原先生が他界された後に出た『黎明』新盤の「地球の変容」の章は、旧版と違い、過去形で書かれていて、本来であれば地球のアセンションが完了した後に新盤を出す事が前提であったと言う話もあるようです。


『黎明』にも記されていますが、水瓶座の時代に入って地球のヴァイブレーションがどんどん上昇していると言います。

そう言う意味でも、目覚める時期に来ていると自分は認識しているのであります。せっかくのチャンスですから・・・。


興味のあるかたは、
是非ご覧になって下さい。



今週の記事は以上です。


posted by ウーロン at 02:18| Comment(0) | 記事

2019年02月19日

「今この瞬間」への旅


今日も先週のつづきで、 レナード・ジェイコブソン著 「今この瞬間」への旅の記事です。


この本を読んでから、格段に『今』にいられる時間が増えたのでまじめにおすすめな本です。


----- ちょこっと抜粋 -----

何か抽象的な方法でこの瞬間に存在する事はできません。実在とは無の中に消えていくことではないのです。実際に「今、ここ」にある何かと共にのみ、あなたはこの瞬間に存在することができます。

あなたが現在いる部屋を見回してみましょう。この瞬間にあるものがたくさんあります。それぞれの瞬間に聞こえてくる音と共にこの瞬間に存在する。
動いている最中であれば、その動作を意識してこの瞬間に存在する。「今、ここ」に在るものであれば何であれ、「それ」と共にこの瞬間に存在するのです。

日々、この瞬間に存在できる機会はたくさんあります。「思考の世界」「記憶の世界」「想像の世界」の中で漂流していると気づいた時は、あなた自身を「今、この瞬間」に連れ戻すのです。

---------------------------


さすがに無茶苦茶忙しい仕事中にこのワークを行うのは今の自分には不可能ですが、考える必要が無い時、極力このワークを実践しています。


以前瞑想に凝っていた頃、思考を止めようとすればするだけ思考は活発になりますから、良い悪いを判断せずただ思考を観察すると言う方法で瞑想に取り組んでいました。 これは一般的な手法です。


この本に書かれているワーク 『何かと共にこの瞬間に存在する』 これは本当に効果がありまして、自分の場合は「音と共にこの瞬間に存在する」と思考が沈黙し以前より長く『今この瞬間』にいられるようになりました。



皆さんも試しに「今」に意識を向けてみると何かしらの音がクローズアップされ聞こえると思います、その時、思考が停止している事に気が付くかと思います。その音に意識を傾け続けていると今この瞬間に長く留まる事が出来ます。

この時普段は思考で隠れてしまっている実在である「意識」がその行為を行っている事に気づけるかと思います、それこそが本当の自分です。大いなる意識です。ワンネスです。普遍意識です。



瞑想みたいに座って呼吸に意識を向けてとか特別に瞑想の時間を用意しなくても、いつでもどこでもこのワークに取り組めるのが良いです。



今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:34| Comment(0) | 記事

2019年02月12日

一番大切なこと。


今日は久しぶりに人生において『一番大切なこと』の話です。



先日から読んでおりますレナード・ジェイコブソン著 「今この瞬間」への旅


ブログ 本.jpg

また素晴らしい本との出会いに感謝!


以前から葦原瑞穂著『黎明』を何度も取り上げてきましたが、この『「今この瞬間」への旅』はより実践的な事柄が多く記されていてとても勉強になりました。


自分も含めて多くの人はエゴの世界に生きていて、『本当の自分』を忘れている状態にあります。

過去に何度かこのブログに書いていますが、『本当の自分』とは、書籍『黎明』では『普遍意識』という表現で記されていますし、『愛』そのものとか、『大いなる全て』とか、『ワンネス』など、取り扱いが難しいですが『神』、これらはすべて自分以外の何かではなく、私たちそのものなのですが、この本では『実在』という表現で記されています。

簡単に言ってしまえば、自分たちは『今』に意識的にいる事を忘れて、エゴの世界に生きています。
エゴは過去や未来についてしか存在できないのです。

これは無意識な時、思考が心のなかで話していることを声に出してみれば明らかで、過ぎ去った過去や未だおきてもいない未来の話題がメインのはずです。

思考が止んだ『今この瞬間』に実在している『意識そのもの』こそ『本当の自分』だと言うことを思い出す時期にきています。 (多くの人がもうそう言う時期のはずです。笑)

自分もすぐに思考に巻き込まれて『今』にいる事を忘れてしまうのですが、出来るだけ多くの時間を永遠の『今この瞬間』に留まって『実在』としてありたい。そう心に決めました。


少し抜粋すると--------------------

完全にこの瞬間に存在すると、思考は停止し心(マインド)は沈黙します。あなたは思考を停止させようとしていません。この瞬間に存在すると心(マインド)がただ沈黙するのです。

ところで、表に現れようと待つ、さらに深い段階の内なる平和と沈黙があります。心(マインド)が静まり返ると内奥の扉が開かれて、無限で永遠なる静寂があなたの「大いなる存在」の中心核から出現するのです。

一瞬一瞬、あなたには選択があります。「今、この瞬間」の人生の真実に存在するか、それとも思考する心(マインド)の幻想の世界にいるかです。

----------------------------------

ピンと来た方はの是非レナード・ジェイコブソン著 「今この瞬間」への旅を手に取ってみて下さい。



今週の記事は以上です。


posted by ウーロン at 22:54| Comment(0) | 記事