2019年02月06日

陰陽ヨガとランチ


今日は陰陽ヨガの後、ヨガ友のAさんが働いている会員制キャンプ場のレストランでNana先生とヨガ友みんなとランチしてきました。

1549445460846.jpg
レッスン前、数少ない男性ヨガ友Kさんとの一枚。
(写真はH.Sさんから頂きました。ありがとうございます。)


1.jpg
会員制キャンプ場内にあるレストランの外観。


2.jpg
レストラン店内。


3.jpg
自分はスリランカカレーを注文し美味しく頂きました。
(今回もまた他店の宣伝です。笑)

6.jpg
Nana先生、ヨガ友みんなとの一枚。みんなの許可を得ていないので画像は荒くしてあります。
(写真はAさんから頂きました、ありがとうございます。)


キャンプ場に併設しているレストランだけあって緑豊かな環境で今日は雨だった事もあり、しっとりとした感じでゆったりできました。

忙しないうちの店とはだいぶ違い、こういう森の中にあるお店にあこがれてしまうのであります。笑





ランチの後はAさんがキャンプ場を案内してくれました。


4.jpg
キャンプ場内キャビンタイプの宿泊施設は5棟あり、それぞれ違った造りでどれも素敵な宿泊棟になっていました。


5.jpg
奥に見えるのがテントタイプの宿泊施設で中にはベッドや薪ストーブ、電源など完備されていてまさにリゾートのキャンプ場。

素敵な宿泊施設内も撮ってきましたが、許可を得ていないので一応写真は外観のみです。



自分は基本自然豊かな環境が好きで、今でも誉田は十分田舎なんですけど、ここ数年誉田界隈も開発でどんどん緑が少なくなっているのが寂しいです。

昨年の移転の際に、思い切ってもっと田舎の自然いっぱいな環境でお店をやる選択肢もあったはずなのですが、子供が学校に通う事や、新しい土地でまた一からスタートしなければならない不安、田舎過ぎればお客さんの数も少なく食べていけるかも分かりませんでしたし、結局売りに出ていた今の場所に移転してくることになりました。

この場所も住めば都で、ちょっと行けば自然があるので固定資産税がすごく高い以外はまずまず気に入っています。苦笑

固定資産税が高くなければば雑木林の中に店舗みたいな造りも考えていたんですけどね...。


そんなこともあり、休みは緑豊かなOUTLANDでヨガしてエネルギーを蓄えてくるのでありました。



今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 23:59| Comment(0) | 記事

2019年01月30日

ステンレスシンクの取付け


今日はちょっとしたDIYの記事です。



その前に、先週金曜日から新メニューになりまして、主な変更点はセットメニューを組み合わせ出来るようにしてみました。詳しくは当店ホームページ左側のメニューをご覧くださいませ。



では、先日ヤフオクで購入した中古ステンレスシンクを取付作業です。


まず既存の立水栓が邪魔なので、中心部の水道管を長く残すようにして立水栓を鋸でカット。

1.jpg
右は切断した立ち水栓。
左の給湯管は建築時に立ち上げておいてもらったものを加工。


2.jpg
切断した立水栓の天蓋をきれいに外し、センターにVP13が通るほどの穴をあけ写真のように加工、止水バルブを取付して既存の立水栓の加工は終了。お湯の方も同様に。


3.jpg
購入した中古ステンレスシンクに混合水栓取付け用の穴あけ作業。


4.jpg
前の店舗で使っていた水栓部材をシンクに取付け。


8.jpg
シンクを仮置きして水平をだし、位置決め。


5.jpg
ステンレスフレキ管を必要の長さにカットし、ツバ出し作業。


6.jpg
混合水栓にフレキ管を取付け。


7.jpg
フレキ管に凍結防止のスポンジを取り付けビニールテープで養生。

9.jpg
接続して完成。


今回、中古で良いステンレスシンクが見つかったものの、送料が高かった。苦笑

しかしラッキーな事に届いてみたらSUS304ステンレスで磁石が付かない高級ステンレスでした。
今ほとんどの厨房機器はSUS430ステンレスで磁石が付くタイプが多く、ステンレスと言えども錆びるのです。
SUS304は錆びに強いので、屋外で使うシンクにはうってつけです。

この屋外混合水栓は、シャワーでグリストラップの掃除や、グリースフィルターの洗浄に使うもので、以前より断然作業がしやすくなりました。



今週の記事は以上です。


posted by ウーロン at 00:18| Comment(0) | 記事

2019年01月23日

AYOG


今日はOUTLANDが休講と言うことで、ヨガ友のH.SさんとS.Hさんと一緒にアクシス一宮でAYOGに参加して来ました。


いつもはなかなか参加できないのAki先生のBORN TO YOGクラス、今日はハンドスタンドのわかりやすいアドバイスも頂け参加できて良かったです。


ヨガのバランス系アーサナでは右手先と左手先、手先と足先のように引っ張りあう事でバランスを保つのがコツですが、
ハンドスタンドでバランスを保ち手根で踏む為に『顎と足先で引っ張りあう』というアドバイス。これは良いかも!です。


今日のインバージョンの練習時間では、何となくしか感覚がつかめませんでしたが、自分はハンドスタンドの時に指先にとても力が入っていて、倒れないように支えているので、この感覚が分かってくるともっと楽にハンドスタンドが出来るようになると思います。



AYOGの後は、Aki先生とH.Sさん、S.Hさんと一緒に自然食のfato.さんでランチ。
AYOGはもちろん楽しかったけど、ランチも色々お話できて楽しかったです。


IMG_20190122_130136.jpg
頂いたお粥のプレートランチ。 (他店の宣伝です。



Aki先生からはアーユルヴェーダの『キッチャリー』と言うお粥のセットのお裾分けを頂きまして、

IMG_20190122_192519.jpg
『キッチャリー』の食材セット

あとは、玉ねぎと生姜、それとギーを用意すれば作れるので今度作ってみます。


と、今日の休日は充実した一日を楽しませて頂きました。感謝〜。



先週の記事でハンドスタンドをサンスクリット語でアドムカシュヴァーナーサナと誤って記載していたので訂正しました。
正しいハンドスタンドのサンスクリット語は『アドムカヴルクシャーサナ』(下向きの木のポーズ) です。
アドムカシュヴァーナーサナはダウンドッグで、『アドムカ』が下向きと言う意味で似ている名前で完全に間違っていました。苦笑



今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事

2019年01月16日

アドームカヴルクシャーサナ(下向きの木のポーズ)


今日はヴィンヤサヨガのクラスで、ハンドスタンドの写真をMegumi先生が撮ってくれたのでちょこっと載せてみます。


いつもハンドスタンドと呼んでいるアーサナはヨガの共通語サンスクリット語で『アドームカヴルクシャーサナ』(下向きの木のポーズ) と言う、ちょっと長い名前でして。

いつもハンドスタンドと簡単に言ってしまっていた為、サンスクリット語のアーサナ名が頭に入っていませんでした。苦笑

ピンチャもいつもピンチャ、ピンチャと略して呼んでしまってますが、『ピンチャマユーラア―サナ』(クジャクの羽のポーズ)とこちらも長めのアーサナ名です。これは覚えてました。笑

アーサナは沢山あるので、まだまだ知らないアーサナ名ってけっこうあるんですよね。
特に難しい複雑なバランスポーズ系はわからないのが多いです。



森が見えるヨガスタジオ、OUTLANDでの写真。
1.jpg
ハンドスタンドのバリエーションの鹿脚、今日は30秒ぐらいのキープが限界でした。


鹿脚は、直立のハンドスタンドよりバランスを保ち易く、尚且つ綺麗に見えるのでピンチャの時でも好きなポーズですが、写真で見るとまだまだ改善点がある事に気づかされます。

足先まで意識が向いていない為、足先まで伸びていないし、うちももに内旋がかかっていない!

バランスを取るのに夢中になって、足先まで意識が届いていないので要練習です。

一時期肘の痛みでハンドスタンドの練習はやめていたんですけど、最近肘への負担が少ない転び方を覚えまして、肘の様子をみながらという感じですけどね。


来週はOUTLANDが休講なので、前回もご一緒したヨガ友のH・Sさんと、ピンチャの師匠S・Hさんと一緒にAki先生のAYOGでまた練習してきます。

先週の休みは夜のSachi先生のクラスに参加して、今日の夜はYuuki先生のYOGに参加してきたりで、ここ数週は毎週BORN TO YOGに参加できてます。



今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 02:27| Comment(0) | 記事

2019年01月08日

ヨガ初め


先週になりますが、今年一発目のヨガはAki先生のBORN TO YOGからでした。

OUTLANDでは木曜日のクラスなのでなかなか参加できないAki先生のクラス、ヨガ友のH.Sさんと一緒に参加させて頂きましてとても楽しかったです。
FB_IMG_1546674619913.jpg
写真はAYOGメンバーの方から差入れのお菓子を頂いているところ。
(Aki先生のfacebookからお借りしています。)

年末年始の一週間ヨガをしなかっただけで、体は硬いし、筋肉痛にも成るわで。

一宮なのでちょっと遠いのですが、今月は火曜日にOUTLANDの休講日があるので、その時またAki先生のクラスの参加してこようかと...。

ここのスタジオは柔術もやっている場所なので、床が柔らかくインバージョンの練習で倒れても痛くないのが良いです。

三角形のマークがあのマークみたいでちょっと気になってしまいました。



今日のMegumi先生のクラスでも体がいつもより硬く感じ、寒さのせいなのか最近経理処理でパソコンに向かっている時間が長かったからなのかよく分かりませんが、体が硬い!

Megumi先生の話で1年の目標をたてましょう。と言っていましたから、ピンチャは比較的簡単に90秒キープできるようになったので、ハンドスタンドで90秒キープできるように目標を掲げてみようかな。



お店の方は、セットメニューを充実させたいと考えておりまして、例年ですと忙しくなり始める3月前までにはメニューの変更をしたいと思っています。
ただ券売機なだけにいろいろ大変でして、券売機本体の設定、券売機ボタンのレイアウト、作製、印刷、プラス、テーブルのメニュー表の作成、印刷、ラミネート、等の作業があり簡単ではないのです、今年は10月に消費税の増税もありますし...。



今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 16:51| Comment(0) | 記事

2019年01月03日

厨房換気扇交換作業 屋外編


本年も宜しくお願い致します、今年も皆様にとってより良い一年となりますように!



さて今日の記事は厨房換気扇交換作業のつづき、屋外編です。


シロッコファンから有圧換気扇に交換作業をしましたので屋外のウェザーカバーもそのままと言う訳にはいかなく、改善作業をしました。


3.jpg
このシロッコファンとスパイラルダクトを外し、有圧換気扇に交換しました。
以前の記事→厨房換気扇交換作業



IMG_20181221_103007.jpg
有圧換気扇でウェザーカバーから排気していましたが、ウェザーカバーが下向きの為、吸気用の勝手口ドアの網戸から排気を吸ってしまい、宜しくない状態でした。


IMG_20181226_175954.jpg
ほぼ真直ぐ排気できるようにウェザーカバーをブリキバサミで切り、曲げて枠を作り、バーベキュー用網をクリップで簡単に固定できるように加工しました。
これなら掃除も楽に出来ます。

油受け用ステンレストレーも、壁に固定したアングル支持金具にのせて完成です。

塩ビのパイプは油が流れるため、すぐに詰まってしまう事を考慮してVU100で配管しました、ここに流れた油はグリーストラップの手前に流れるので、下水本管に流れ出る前に油をすくう事が出来ます。
(建築時に換気扇油受け用にパイプ出しておいてもらう必要があります。)

ちゃんとしたダクト業者でも油受けと称してダクトの下にステンレストレーをただ置いてある事が多いんですけど、あれだと雨が降ればトレーが一杯になり油が外に流れ出す訳でして.....。



シロッコファンから有圧換気扇に交換してしばらく営業していますが、排気も音もだいぶ改善され、風量もアップしたので厨房内が煙で白くなることも少なくなりました。


これにて換気扇交換作業は全て終了。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:38| Comment(0) | 記事

2018年12月26日

大掃除


今週の休みは厨房の大掃除をしました。


休みと言っても結局、仕入に行ったり作業をしたりで、まるっと2日間手放しで休める事は滅多にないのが自営業の現実なのです。

トレーラーハウスで営業していた頃は休みを週一しか取ってなかったので、休みの日に何をやるか(やっておかなければならないか)予定をメモっていました。

当初は休憩時間もとってなく、今考えるとけっこう無茶していたと思います。
当時は若さでがむしゃらに働いていて、晩飯はほぼ毎日コンビニ弁当だった事が思い出されます。



昔のみんなのうた 『コックのポルカ』の歌詞


「お腹が空いたコックさん、お店を閉めた後、いそいで家へ帰って、お茶漬けたべたとさ〜♪」

ホントそんな感じでした。


本題に戻って...

IMG_20181226_175808.jpg
厨房の大掃除で一番大変なレンジフードも綺麗になりました。


IMG_20181226_175830.jpg
ステンレスの輝きを取り戻し、厨房も明るくなります。


今日は疲れたのでこの辺で.....。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 20:19| Comment(0) | 記事

2018年12月20日

Born To Yog


今週の休日は、千葉のinstyleヨガスタジオの無料体験チケットを頂いたので、Yuuki先生のBorn To Yogのクラスに参加させてもらいました。

FB_IMG_1545203659417.jpg
instyleヨガスタジオの皆さんと、たまに参加させて頂いている都賀のyogクラスの方々と一緒の一枚。
Yuuki先生のインスタから写真をお借りしています。


IMG_20181219_160741.jpg
今年いっぱいでYuuki先生のinstyleヨガスタジオでのクラスが終了するとの事で、アーユルヴェーダを学んでいる先生からみんなにグラノーラのプレゼントがあり、体験で来ているにも関わらず自分も頂いちゃいまして...。  美味しく頂きました。



IMG_20181219_115404.jpg
こちらはOUTLANDでお世話になっているNana先生から頂いた本場インドのスパイス。

何に入れてもあうそうで、香りはS&Bのカレー粉ともう一つ何かのスパイスがプラスされたような香りで料理に使ってみるのが楽しみです。

先生を駅まで送る途中、近々来日するラナ先生の入国手続きが大変だった話や、この時期ラナ先生が日本に来ると敏感なラナ先生は体調を崩し易いらしく、保険が効かないのでけっこうお金が掛ってしまう話など。 先生も色々苦労があるんだな〜。と。

Nana先生に、昨日Yuuki先生のBorn To Yogクラスでハンドスタンドの時、肩甲骨周りが硬くて...。と話したからか、今日の先生のクラスでは重点的に肩甲骨を動かす練習を入れてくれたみたいでして...、ありがたや〜。


休日は、ビィンヤサヨガ、Born To Yog、陰陽ヨガとヨガ三昧でした。


今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 01:00| Comment(0) | 記事

2018年12月13日

厨房換気扇交換作業


今週は休日を利用しての厨房換気扇交換作業の記事です。


1.jpg
まず既存の250パイのスパイラルダクトの写真。(換気扇フード側)


2.jpg
既存の250パイのスパイラルダクトの写真。(壁貫通側)


3.jpg

このシロッコファンとスパイラルダクト250パイを取り外します。


4.jpg
ちはら台のビバホームで取り寄せたスパイラスダクト450パイと定着カラー450パイ用。
4m物しか取り寄せ出来ないと思っていたら、なんと2m物が取り寄せできたので嬉しい。


5.jpg
通販のステンレスフード製造販売店に製作をお願いした有圧換気扇用BOX三菱の有圧換気扇取付け枠 PS-40TW  を両面テープで仮止めして換気扇枠の位置を固定。          


6.jpg
既存のダクトを外していきます。


8.jpg
既存のダクトや吊金具を外し、有圧換気扇用部材 PS-35UWDのボルトも外しました。


7.jpg
建築時の写真を確認して強度がある桟の位置を確認。


9.jpg
有圧換気扇BOXの位置を微調整しながら水平を確認し固定。
コーキングはブチルゴム系のコーキング材を使い隙間からの油にじみ対策をしました。


10.jpg
三菱 有圧換気扇 EWF-40ETA を取り付けし、換気扇BOXに空けておいたケーブル通し穴から換気扇電源ケーブルを出し三相200v用コンセントも取り付け。


11.jpg
換気扇BOXの蓋を取り付け。


12.jpg
今回購入した工具、ストレートシャーで、既存のステンレスフードの穴を加工。


13.jpg
既存の蓋も250パイから450パイに穴を大きくして、450パイ用定着カラーをリベットで取付け。


14.jpg
コーキングし、蓋を元の位置にリベット止め。


15.jpg
グリースフィルターの枠と、防火ダンパーを取り付け。


16.jpg
450パイのスパイラルダクトは2mでも20s弱あるのでアングルで支えます。アングルを910mmスパンの下地を確認して取付け。


17.jpg
450パイのスパイラルダクトを取り付け。


18.jpg
完成。


19.jpg
ダクトがだいぶ太くなりました。



今回厨房換気扇を三菱片吸込形シロッコファン BF-28T3から三菱有圧換気扇 EWF-40ETA に交換して、換気扇の風量アップと低騒音化、尚且つ消費電力も約1/3になり、交換して正解でした。


風量 2920㎥/h  騒音75dB   消費電力1030W

三菱有圧換気扇 EWF-40ETA は60Hz時
風量 5520㎥/h  騒音50dB   消費電力350W



ダクトで排気をする場合有圧換気扇よりシロッコファンの方が良いと言われていましたが、シロッコファンはダクトも細く吸込み音がかなりうるさくて結構ストレスになっていました、しかも排気風量もやはりイマイチでして夏場は暑かった!(このシロッコファンのダクトは250パイで取り廻すのが標準。)掃除機で吸っているイメージかな。


2m位のダクトなら有圧換気扇でも問題ない事が確認できました。
ちなみに今回採用した有圧換気扇の羽径は40cmでその中でも風量が一番あるものを採用し、尚且つダクト径を45cmにすることでダクトによる抵抗を軽減しています。



20.jpg
換気扇を60Hzで比較しているのは、インバーターを介して換気扇を動かす事により、50Hzの関東でも60Hzの出力を得られるのです。(写真は最弱に設定している15Hz時。)


風量をこのインバーターでコントロールできるので冬場のアイドルタイムに冷え込む厨房には必須のアイテムでもあります。今回は換気扇交換で負荷は減ったのでインバーターは交換せずに済みました。


自分で厨房換気扇取付け作業をする方の役にたてれば幸いです。あまりそう言う人はいないとは思いますが...。笑


今週の記事は以上です。

追記 : 厨房換気扇交換作業 屋外編はこちら



posted by ウーロン at 01:23| Comment(0) | 記事

2018年12月04日

営業時間変更のお知らせ


今日はお店の営業時間変更のお知らせです。


来年初頭よりお昼の営業時間を1時間延長して

午前11時〜午後3時30分(発券停止3時)の営業時間に、

土曜日曜行っていた夜の営業は一旦終了し土曜日曜も上記お昼の営業のみとさせて頂く事に致しました。


土日は休憩時間を取っても、お昼の片付けと夜の準備で実際に座っていられる時間がほとんどなく、肉体的にも精神的にもヘトヘトな状態でして、夜にご来店下さっていたお客さんには申し訳ありません。

当初は平日の夜の営業も落ち着いてきたらいずれ再開しようと考えていましたが、お昼の営業で撃沈する事が多くありもう難しい状況です。

他の業種も同じだと思いますが、飲食業の人手不足はますます深刻化していて、時給競争になっていますし...。




いつかは、映画『しあわせのパン』のようにゆったりした時間が流れる暮らしができたらな〜。

昨年の移転の時に違う道もあったはずなのに!と、ふと思ってしまったり。



話はかわって

厨房の換気用のシロッコファンがとてもうるさく、有圧換気扇に変更する予定でして、ダクトを使って排気する場合有圧換気扇よりシロッコファンの方が良いと言われていて、今回シロッコファンを採用したものの、こんないにうるさいとは思いませんでした。
有圧換気扇も決して静かとは言えないですが経験上今よりはましかと...。

ビバホームに注文してある450パイのスパイラルダクトが入荷すれば材料はそろうので、風量の関係など含め誰かの参考になればと思い、いずれブログの記事にする予定です。



今週の記事は以上です。

posted by ウーロン at 00:00| Comment(0) | 記事