2019年11月19日

『在る』と言う感覚

先週のつづきで、
中野真作著 「私」という夢から覚めて、わたしを生きる
IMG_20191110_194804.jpg
読み終わりましたので、少し書いてみようと思います。
この著者は20代前半に一瞥体験をされた方で、それからの人生の内なる探求を綴った本です。
著者の体験を踏まえて、感情の向き合い方や感情を手放し統合していく方法など、今生での解脱を目指している方はもちろん、自分の感情に振り廻されて辛い方などにおすすめできる本です。
少し自分自身の事を書いてみますと、最近、思考が停止できている時間..
posted by ウーロン at 00:00

2019年11月12日

「私」という夢から覚めて、わたしを生きる

今週もヨガスクール(3日目)の様子から....
FB_IMG_1573376294806.jpg
四つん這い時の背骨のニュートラルや、手でマットをしっかり踏む事による肩甲骨周りの違いを確認。
FB_IMG_1573376313365.jpg
ヨガスートラに書かれている”無知とは”とか、プルシャ(見る者)、プラクリティー(見られる者)についてみんなで深め合う時間。
写真はヨガワークスのfacebookからお借りしています。
先週はスクールが終わってからも、LINEグループでみんなとヨガスートラについて理解を深めあっていました。
ちょっと前にOUTLANDでNan..
posted by ウーロン at 00:00

2019年11月05日

ヨガ・ワークスRYT200 2日目

今週もヨガスクールの様子から...
FB_IMG_1572598502285.jpg
ワタクシ、決して悪いことをして立たされているのではありません。笑
仲間のポーズを見て、脚、腰、肩の使い方が間違っていないかの確認しあい見る目を養う練習。
先生からの指摘でタダーサナの自分の癖が分かりました。
FB_IMG_1572598510369.jpg
こちらはアド・ムカ・シバナーサナ(ダウンドック)
かかとをマットにつけようとしているので、背中が今一伸びていない、かかとをつくより背中の伸びを優先させるようにと、教わりました
FB_IMG_1572598518924.jpg
手と足の間隔をあえていつもより広めにしての..
posted by ウーロン at 00:00

2019年10月15日

目覚めの催促

数日前にも大きい台風が来て日本列島に甚大な被害をもたらしました。
この辺りは幸いにも前回の15号程ではなかったものの小学時代の学区内で竜巻の被害がでて、映像で見てもひどい状態で、特別平らな地形でも無いのに、もういつどこでどんな事が起きても不思議じゃない時を向かえているんだと、実感したのであります。
並木さんの動画では2020年頃まで動乱の時期と言っているだけあってホントその通りだと思ったわけです。
それで自分が今やらなければならない、目覚める為に真剣であることの..
posted by ウーロン at 21:31

2019年08月14日

みんな誰もが神様だった

今週は、先週のつづきみたいな記事になります。
今年の2月12日の記事でレナード・ジェイコブソン著 書籍「今この瞬間」への旅を取り上げましたが、そのあとに読んだ本で並木良和著『みんな誰もが神様だった』と言う本を読みました。
今回また読み返す機会があり、今回情報として記事にした方がいいかもな〜と思い、書いてみます。
IMG_20190812_011841.jpg
『アセンション』と言う言葉を聞いた事がある方は、多少スピリュチアルに興味がある方かもしれませんが。2012年12月に何か起こるとされて、その時期が過..
posted by ウーロン at 00:00

2019年08月07日

周波数

先週まで、お店のメニューの作成で頭フル回転して思考もフル回転でしたから、しばらく思考に捕らわれないで脱力したくて、
思考に捕らわれているとすごく疲れるんですよね。最近ホントよくそう感じるようになりました。
これも成長できている証拠なのだとは思いますが、昔は思考に捕らわれている事自体に全然気づけていなかったですから、とは言っても聖者さんレベルではないので当然、思考や感情と同化していることも多くありますけど、昔よりは格段に同化せずにいられるようになってきました。
先..
posted by ウーロン at 01:39

2019年04月30日

バクティーフローとキルタン

長い長いゴールデンウィークに入って3日、忙しく。。二言目には疲れた〜。一言目から疲れた〜。と、疲れたしか言ってない気が.....。苦笑
休み明け丸っと一週間連休が続くのかと思うと.....。トホホ
こういう時こそ、思考をやめて『今』にいよう!!
先週はOUTLANDでEIKO先生のバクティーフローとキルタンのクラスに参加しました。
バクティーフローではアナハタチャクラを活性化させる胸を開くアーサナを中心に体を動かし、歌う瞑想と言われるキルタンをみんなで..
posted by ウーロン at 01:10

2019年03月05日

一番大切なこと。最終章

先週で「今この瞬間」への旅の記事は一旦終わりにする予定でしたが、やっぱりちょっと書き足りてないので今週も『一番大切なこと』の記事です。
内なる意識に気付いた方は、「そうそうこれは自分だよね」と感じた方も多いかと思います。でもこの自分と感じている意識は実はとてつもなく大きくて、大いなる意識そのものだという事。
これを体験して自覚できた時が『悟りを得る』とか『解脱』とかと言われています。実際にはこの大いなる意識、しか存在していないというのが真理です。
空間こそ意..
posted by ウーロン at 01:09

2019年02月26日

「今この瞬間」への旅 の記事のつづき

今週も「今この瞬間」への旅 の記事のつづきです。
(今週で終わらせる予定。笑)
先週の記事で、音とともに今にいる時(思考が沈黙している時)、内なる意識(「在る」という感覚)を感じる事ができたかと思います。
多分、な〜んだこれか!と感じた方も多いのではないかと...。
実際にはここからが重要で、普段私たちは思考(エゴ)に支配されて生活をしていて、時折集中している時などに『今にいる』ことがほとんどだと思います。
その生活から、徐々にでも常在なるもの(実在)に意識を置..
posted by ウーロン at 02:18

2019年02月12日

一番大切なこと。

今日は久しぶりに人生において『一番大切なこと』の話です。

先日から読んでおりますレナード・ジェイコブソン著 「今この瞬間」への旅

ブログ 本.jpg
また素晴らしい本との出会いに感謝!
以前から葦原瑞穂著『黎明』を何度も取り上げてきましたが、この『「今この瞬間」への旅』はより実践的な事柄が多く記されていてとても勉強になりました。
自分も含めて多くの人はエゴの世界に生きていて、『本当の自分』を忘れている状態にあります。
過去に何度かこのブログに書いていますが、『本当..
posted by ウーロン at 22:54

2018年09月11日

『悟りのプロセス』

今週は先週ちょこっと触れた成瀬雅春著『悟りのプロセス』の記事です。
IMG_20180911_011502.jpg
成瀬さんの本はヨガ、悟り、瞑想関連の本がたくさん出ていて、ヨガもホームページをみてもちょっと敷居が高く決心しないと通えそうにない感じが...。
『ハタ・ヨーガ完全本』は、アーサナの説明も詳しく書いてあり良いのですが、一生かかっても出来そうにないアーサナも載っていたりでさすがにレベルの高い本です。
話を戻しまして、
書籍『悟りのプロセス』はヨガ・スートラの解説から始まり、悟りの段..
posted by ウーロン at 06:00

2018年09月05日

今週はメニュー看板の記事

先週は夏休みでしたので、久しぶりにAki先生のBORN TO YOGクラスに参加する事が出来て、クラスの終わりにAki先生と書籍『黎明』の普遍意識の話、サマディの話など40分ほど立話していました。笑
クラスも楽しかったし、Aki先生とのお話もメッチャ楽しかったです。なかなかこう言う話が出来る人が少ないですからね〜。
もヨガの本質はそこにありますから、ヨガを続けていれば新たな同士も見つかることでしょう。なんて...。
本気であれば解脱する為に出家する勢いでそれに取り..
posted by ウーロン at 23:55

2018年08月28日

ethica tableとメンズヨガ

今週は夏休みを頂いておりますので、メンズヨガでお世話になっているethica(エシカ)のカフェでランチを頂いて来ました。
IMG_20180827_122018.jpg
看板。
IMG_20180827_122330.jpg
店内。
IMG_20180827_123948.jpg
ランチのサラダ。
IMG_20180827_124659.jpg
家内が頼んだランチのパスタ。
IMG_20180827_131046.jpg
デザート。
見事に自分と娘が食べたメキシカンランチは写真を撮り忘れました。苦笑
美味しく頂きました、ご馳走様でした。
夜はethicaでメンズヨガにも参加させて頂きまして、毎回75分では終わらないYuuki先生のクラスは行く度ハードになっている気が・・・。笑
逆転..
posted by ウーロン at 00:00

2018年03月20日

3月20日の記事

移転作業も佳境に入ってきまして、借りている倉庫ももう一杯々になってきました。
倉庫にはすぐ使う物を最後に入れるよう考えながら移転作業をしてきましたが、ようやく最後の大物の業務用冷蔵庫(コールドテーブル)100kg超えを2個倉庫まで運び、レンジフードも運び、先週は重労働でした。
1.jpg
90sを超えるステンレス1mm厚のレンジフードをスチール棚を使い徐々に取り外します。
2.jpg
ボルトで連結されている所から半分を下したところ。
3.jpg
全て取り外したところ。
4.jpg
取り外したレ..
posted by ウーロン at 00:00

2018年03月13日

3月13日の記事

先週の記事にしました葦原瑞穂 著 『黎明』ですが、Aki先生から早速購入したとのメッセージを頂きまして、しかも多少なりとも共感して頂けたようで嬉しい限りです。 また一人、同志を見つけました。
先週書ききれなかったAki先生からのハンドスタンドのアドバイスを今週は少し記しておきます。
自分の場合ピンチャにしてもハンドスタンドにしても真直ぐなアーサナを取ろうとしても、バナナのように体が反ってしまいます
(反ってる感覚はあっても、真直ぐな位置がイマイチわからな..
posted by ウーロン at 00:00

2018年03月08日

ヨガから普遍意識まで。

今週は珍しく2つ目の記事です。
最初はヨガの記事から・・・
今日はお店の仕事が始まってしまうとなかなか参加する事が出来ないAki先生のクラスに参加させてもらい、ピンチャとハンドスタンドのアドバイスも頂いてきました。
クラスの最初に、「ヨガはポーズが出来ても出来なくてもよい!」とはどういう意味かという問いから始まり。
なかなか難しい質問。。
自分はヨガ哲学は学んだ事がないのですが、自分としてのヨガとは、ポーズが出来ても出来なくても、そのポーズ..
posted by ウーロン at 21:35

2017年11月14日

気付き

今日はちょっと自分の内側について。
最近移転の件で考えさせられる期間が数週間続き、頭の片隅からその思考、感情が表に出て来ては悩み、その繰り返しで、もうその思考や感情に振り回されている自分がいやになって、疲れ果てていました。
思考や感情は本当の自分でない事は重々理解してはずなのに...。
気付いてみると思考や感情と同化している自分がいます。
幸いその事に気付くことが出来ている自体は成長したと感じられるのですが、まだまだ第三者的に思考や感情を観察してはいられず..
posted by ウーロン at 00:00

2017年10月03日

頂き物やプレゼント


今日は珍しくヨガの記事ではないです。
先日また一つ歳を重ねてしまいまして...。
P1070286.jpg
先週買おうか悩んでいた新版『黎明』、なんと!家内が誕生日プレゼントで買ってくれました。
嬉しい半面、家内の誕生日に何を買わされるのか不安になるのでありました。

 
P1070288.jpg
2001年版と新版との比較。
上巻は増補新版、下巻は一部分の改訂のみとなっているようで、上巻は366頁から395頁に頁数が増えていました。時間を見つけて読んでいこうと思います。

 
IMG_20170930_153623_545.jpg
うちの子からのプレゼントはこれ。絵が上手で親もビック..
posted by ウーロン at 00:00

2017年09月26日

ハンドスタンドの練習

いよいよハンドスタンドを壁から卒業するべく練習してみたものの...。
座布団を敷いてもかなりの衝撃が...、ヨガマットだけだと倒れた際に咳き込むレベルな予感。
後ろへ倒れないように踏ん張れば踏ん張る程腕が伸びた状態になり倒れた時の衝撃がデカい。。
う〜〜ん、壁から卒業出来ても、座布団から卒業できないかも。
長座布団持ってヨガに行くわけにもいかず...。
やはり、後屈頑張って倒れた時にブリッジ出来るようになるしかないのかな〜?

ハンドスタンドはちょっと足踏み状態になっ..
posted by ウーロン at 00:00

2017年05月09日

真面目なヨガの話

ゴールデンウィークは忙しくさすがに疲れました...。苦笑
今週の記事はちょっと真面目にヨガについて書いてみます。
解脱(悟り、サマーディ)を体験したくて、以前は瞑想に凝っていた時期がありました。
瞑想をしている時は、いくら思考を観察しても頭の中のおしゃべりが止まずに苦労する日もありましたし、簡単に思考が止んで『今』にいられる日もありました。
(思考に良い悪いの判断をすると益々思考にエネルギーをあたえてしまい思考が治まらなくなるので、良い悪いの判断をせづにただ観察す..
posted by ウーロン at 00:00

2016年12月27日

年内最後の記事

年内最後の記事です。
今年一年を振り返ってみると、本当に色々あった一年でした。
楽しかった事や嬉しかった事も沢山ありましたが、逆に辛かった事や悲しかった事も同じぐらいあったように思います。人生の経験としてはバランスがとれていて、学びの多い一年だった気がします。
posted by ウーロン at 00:00

2016年12月20日

よもやま話【中華釜枠(ハカマ)の交換作業編】

先日いらしたお客さんから「アセンションに興味があり、ブログ読みました。」と声を掛けて下さり、同志をまた一人発見致しました。笑
書籍『黎明』第二十三章 霊的向上の方法と瞑想P248に記されているマントラの一つで、五井先生の提唱する「世界人類が平和でありますように」の話も出て、自分としましてはとっても嬉しかったんですね〜。
お声掛けありがとうございました。
「世界人類が平和でありますように」は毎晩唱えてから布団に入りますが、非常に有用なマントラだと感じています。
普段自分..
posted by ウーロン at 01:07

2016年12月06日

先週の続きとヨガの話

今年もあっという間に12月、残り25日となってしまいました。早いな〜。。
先週のつづきで、「黎明」葦原先生を送る会主催者の一人、田久保さんの話で、黎明の中で「ある人は、これこれこうだった」と言うような記述は葦原先生ご本人の体験を書いてあることが多いと話していたのを思い出しました。
磁場調整の章でも、葦原先生ご本人の磁場調整の話が記されていたようですし、日常の生活の章P150「趣味でパンを焼いているある人」も葦原先生ご本人なのだそうです。
それを聞いてパラパラ読み返してみ..
posted by ウーロン at 00:00

2016年11月29日

『黎明』葦原先生を送る会


一昨日、愛読書でもあり自分にとって人生の教科書とも言える「黎明」の著者、葦原瑞穂さんを送る会に出席させて頂きました。
P1050898.jpg
------------------------------------------------------------------------------------
葦原瑞穂公式HP http://omnipresence.jp/
訃報『黎明』の著者、葦原瑞穂は、2016年10月2日(日)9時38分頃、交通事故により永眠いたしました。
----------..
posted by ウーロン at 00:00

2016年11月22日

ヨガの記事

久しぶりにヨガの記事です。
先週のヨガ(スローヴィンヤサ)クラスの先生のお話の中に、プラーナの話や、大いなる存在の話にも触れ、勝手に黎明広報部長としましては、またもやスローヴィンヤサヨガの先生に書籍「黎明」をおすすめさせて頂きました。笑
先生のテーマは「愛」とのことで、ヨガを通して伝えていきたいと...。
素晴らしい。。
そもそも大いなる存在(普遍意識)は愛そのものですから、私たちは今この瞬間どんな状況であろうと誰一人例外なく大いなる存在から愛されています。
普..
posted by ウーロン at 00:00

2016年10月25日

パソコンの話


今日はパソコンの話です。
マイクロソフトのwindows7からwindows10への勝手なアップデートやなんやらで5年ほど前に購入したパソコンのSSD64GBの容量が限界になってきたので入れ替え作業等です。

windows10へのアップデートはなんとか阻止し、windows7のまま使えているんですけどね。笑
今回はOSの入った64GBのSSDをまるっと275GBのSSDにお引越しと、データ記録用のHHDを1TBから3TBへ交換しデータの移行、DVD書き込みでエラーが頻発する..
posted by ウーロン at 00:00

2016年10月11日

フリーエネルギー

先週の続きになりますが、
【『黎明』葦原瑞穂氏を送る会について】
葦原氏の『黎明』執筆と生前の功績を讃え、ご縁があった皆様に生前の思い出を語りながら故人を偲んでいただく会を東京都内にて行うことになりました。

http://ctpeak.com/menu/reimei/koenkai/index.html

ですので11月27日はお店はお休みさせていただくかもしれません。。
先日youtubeの動画にある、フリーエネルギー銅線コイルを試に作ってみました。
これです。 ..
posted by ウーロン at 00:00

2016年10月04日

葦原先生 追悼記事

昨日記事に書きましたように、一昨日「黎明」の著者 葦原瑞穂先生が逝去されました。
葦原先生の追悼記事と言えるほどのことを書くことはできませんが、先生を偲び書いてみます。

黎明改訂版の噂を耳にしていただけに正直いまだに信じられないのですが、これからも地球人類の精神レベルの向上に力を貸して下さると思っておりましたので非常に残念です。

もうそんな甘えをするわけにもいきませんのでこれからも個人こじん、一人ひとりが自らの選択により精神レベルの向上に努めていかなければならないと強く感じ..
posted by ウーロン at 02:04

2016年10月03日

訃報

昨日、書籍「黎明」の著者、葦原瑞穂先生が亡くなられてしまいました。
葦原瑞穂公式HP http://omnipresence.jp/

訃報

『黎明』の著者、葦原瑞穂は、2016年10月2日(日)9時38分頃、
交通事故により永眠いたしました。

ここに生前のご厚誼に感謝し、謹んでご通知申し上げます。


2日午前9時40分ごろ、北杜市須玉町の中央道上り線で、走行車線を走ってい..
posted by ウーロン at 14:26

2016年09月20日

意識の話と...口笛(笑)

今週は久しぶりのまともな記事です。笑
先週の記事で、ヨガの最中に呼吸に意識を向けたり、体の感じている部分に意識を向けると言う話を書きましたが、
ヨガは意識を自分の内側に向けさせますし、ヨガをやっていると深い瞑想に入りやすいとも言います。
確かにヨガの終わりの軽い瞑想では思考が停止している事も多く、頭のなかの余計なおしゃべりが止んでいます。
以前瞑想に凝っていた頃、思考が停止し空(くう)な状態になった時、そこには意識だけが残っていることを感じた事があります。
これは誰でも..
posted by ウーロン at 00:00

2016年09月13日

太極拳の達人?

今日は久しぶりにヨガのお話です。
以前記事にしましたマントラを唱えるヨガ(アサナマンダラ)クラスの先生から書籍「黎明」を購入しました〜。とのお話を頂きまして、勝手に「黎明」広報部長としましては嬉しい限りなのであります。笑
自分もヨガで唱えるマントラを少しずつですが覚えまして。
目を瞑りみんなで唱えるマントラはじんわりと心に響きとても心地良いんでね〜。
終わりのマントラの後は、目を瞑ったままもう少しこの時間を味わっていたいって思うんですけど、自分だけ教室に残っている訳にもい..
posted by ウーロン at 00:00

2016年07月12日

ダーチャ


今週の真面目な遊び人の書き込み記事は、ダーチャだっちゃ。笑
(ラムちゃん風、ちょっと古いかな。。この時期少しは寒く感じて頂けたでしょうか。笑
今週末からの16日(土)、17日(日)は玉蔵さんのダーチャプロジェクトに参加してきますので申し訳ありませんがお店はお休みさせて頂きます。
以前からもっと木々の茂った森に接する地域で暮らしていきたいと考えていましたから、八ヶ岳などとても魅力的に見えていました、さすがに冬の八ヶ岳は厳しいのは間違いないのですが...。

ですので今回千葉..
posted by ウーロン at 00:00

2016年06月28日

「黎明」広報部長とウーロン菜園

先週、ヨガのレッスンの帰りに先生からさっそく「ヤマグチさんから『黎明』と言う本をお借りしましたので読み終えたらシェアしたいと思います〜。」と紹介して頂きまして...、
あとは普遍意識にお任せして必要な方は黎明を手に取るかと思います。勝手な任務完了。。笑
あと、ゆる〜いウーロン菜園の記事です。
P1050289.jpg
春に23粒入り100円のトウモロコシの種を蒔いておきました。
P1050317.jpg
発芽したトウモロコシは14株でした。
P1050454.jpg
今のところ順調に育っております。
P1050457.jpg
こちらはミニトマト、段々色づき始め収..
posted by ウーロン at 00:00

2016年06月21日

勝手に「黎明」広報部長

最近ヨガの記事ばかりなのですが...
今通っているヨガのクラスの中にはレッスンの始めと終わりにサンスクリット語でマントラを唱えるクラスもあり、本格的な感じが気に入っています。しかもマントラの中には「生きとし生けるもの全てが幸せでありますように」との意味のマントラも含まれていてとても好感がもてるんですね〜。
このマントラについては書籍「黎明」下巻 第23章 霊的向上の方法と瞑想 P244にも記されています。
以前も書いているのですが自分は毎晩寝る前に(朝はちょっと忙し..
posted by ウーロン at 00:00

2016年03月08日

座禅体験

今日は東京の日暮里駅近くの天龍院と言うお寺さんで座禅体験に参加してきました。
最近瞑想もあまりしていなかったので、自分と向き合うのには丁度良いかと思いまして...。
P1050155.jpg
参加費は500円とお手頃でした。
P1050152.jpg
臨済宗妙心寺派の寺さん天龍院
P1050157.jpg
禅宗 天龍院
image.jpg
お寺の中に入ると凛とした空気に包まれました。
P1050154.jpg
座禅終了。
詳しくはないのですが、宗派によってやり方があるようで今日は臨済宗の座禅会とのお話でした。
半跏趺坐(はんかふざ)で15分、20分、20分の1時間弱の座禅でした..
posted by ウーロン at 18:26

2016年01月26日

「ハトホルの書」

書籍「黎明」を愛読書とする友人から、良い本を教えて頂いたのでご紹介です。
まだ全て読み切っておりませんが、少しずつブログに書いていこうと思います。
(内緒ですが、まだ読み途中のままになっている本もあるのです「あるヨギの自叙伝」終わりがみえません。笑)
「ハトホルの書」
P1050112.jpg

この本はハトホル意識という、人類より進化した集合意識からのチャネリングメッセージです。
チャネリングメッセージは書籍「黎明」のチャネリングの章にもあるように、そのメッセージに対し自らが識別しなければならないも..
posted by ウーロン at 13:26

2016年01月13日

電力自由化

今年の4月から電力自由化が始まるので最近ちょっと調べているのですが、
まず基本的に原発の電力を使っていない電力会社を選択する、その中でうちの電気の使い方にあった電力会社を探していこうと考えていまして、
でもまだ情報が少なすぎるので、もうちょっと各社のプランなどが出てきてからでも遅くないと思っております。
スマートジャパンの「電気料金の新プラン検証シリーズ 」を参考にしながら情報を集めていこうかと…。
来年の4月からは都市ガスの自由化も始まるようですので、中華屋としてはそち..
posted by ウーロン at 11:34

2015年12月09日

dtab d-01G

最近めっきり普遍意識等の話を書いていないのですが、日頃の内観(思考や感情の観察)は怠らないよう努力しております。
「どうしてこう言う思考が出てくるのだろう」と思う事が多々あるのですが、注意深く観察すると何らかの感情の裏返しで生まれてくる思考だとわかると、次に同じ思考が出て来た時に軽く捕える事が出来るようになると言う事に最近気が付きました。
本質的には「黎明」にも書かれていたように、思考は「本当の自分では無い」と言う事を見抜く事が重要だと常々思うのですが、いまだに色々な..
posted by ウーロン at 00:24

2015年11月04日

アワウタ

以前の黎明セミナーで葦原先生から、「あわうた」に関する文献が近年河口浅間神社近くの旧家で発見された。というお話がありましたが、
その件に携わった方のブログを見つけましたのでリンクを張っておきます。
発見された文献の写真も掲載されています。

 
以前、河口浅間神社には中山康直さんの講演の際に立ち寄った事がありまして、清々しく優しい空気が漂っていたのを記憶しています。その時撮ってきた写真を今日は張っておきます。
1.jpg
..
posted by ウーロン at 13:33

2015年09月19日

9/13 黎明セミナー「第23章 霊的向上の方法と瞑想」2

今回は前回の続きで黎明セミナーに参加して感じた事を書いてみます。
今までの「黎明」各章の勉強会もそうでしたが、書籍「黎明」の完成度が高いので、勉強会へ参加する為に復習する事の意義の方が大きいと感じました。
「黎明」では瞑想の必要性を強調して書いてあるように思いますが、セミナーでは日常生活での意識の向上を図るように勧めているように思います、恐らく現代人の多くが多忙な日常を過ごしている事を考慮してではないかと…。日常生活については第22章を復習ですね。
今回も「料理..
posted by ウーロン at 00:00

2015年09月18日

9/13 黎明セミナー「第23章 霊的向上の方法と瞑想」

・ ひとり一人がそれぞれ自分のやり方で普遍意識にたどりつく、先達の話も参考になるが、ひとり一人が違った方法で解脱する、これだけ多くの人がいるのはその為でもある。
・ すべての人は例外なくいつかは解脱するわけですが、解脱したいと意識している人は特急列車に乗ったようなものなので、日々の一瞬一瞬を大切にし、また人生を楽しむ事も大切。
・ 「解脱したい!」という感情もエゴなので普遍意識が顔を出し..
posted by ウーロン at 00:45

2015年09月16日

キキの看板

9/13黎明セミナーの記事を書く前に、
腱鞘炎の様子を見ながらだらだら作っていた「キキの看板」が完成しましたのでアップする事に致しました。
kiki (5).jpg
アイアン調(木製)「キキの看板」です、ぼちぼち上手に作れたと思っております。
kiki (1).jpg
端材の集成材板に下書きをします。
kiki (2).jpg
電動糸鋸で切り抜きます。
kiki (3).jpg
まあ〜大変でした。
kiki (4).jpg
余っていたプリンタの詰め替え黒インクで真っ黒に塗りました。
kiki (6).jpg
乾いてから家にあった緑系の水性ペンキをドライブラシと言う手法で塗って完成。
新たに購入したのは棒と看板のつ..
posted by ウーロン at 16:11

2015年09月09日

9月9日の記事

今度の13日(日)はいよいよ黎明セミナー「第23章 霊的向上の方法と瞑想」と言う事で、勝手ながらお店はお休みさせて頂きます。
霊的向上は本来この人生を体験している上で怠ってはならない重要な項目なのではありますが、どうしても人間をやっていると、自分や周りに起きる事に囚われてついつい忘れてしまう事が多いんですね〜。
以前、阿部さんのブログ名が「いまここ」だった頃の記事で
自我が自分の内側にあると思ったら、それは間違いです。
自我は、外側の何かとの間にあります。
例えば、他者..
posted by ウーロン at 22:27

2015年08月27日

あるヨギの自叙伝

今日まで夏期休業なので9/13(日)黎明セミナー第23章「霊的向上の方法と瞑想」の復習と、ちょっと前に購入した「あるヨギの自叙伝」を読み始めました。
P1040872.jpg
「あるヨギの自叙伝」は以前ハードカバーの本しかなく5千円弱と購入に踏み切れずにいましたが、この本は3000円で購入できます。
「あるヨギの自叙伝」はアップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が自分のiPad2に唯一ダウンロードしていた本としても有名ですね。
話には聞いていましたが、広辞苑のような分厚さで文字は小さく完..
posted by ウーロン at 14:38

2015年08月05日

懐かしのフンドシ

今日は連日の猛暑のおかげで行動力が奪われてしまい休みだというのに家から出ずにブログを書いているわけですが、この時期の調理場は大変なんですね〜特に中華は!
中華鍋のふり過ぎなのか、ちょうど40歳に成ったからなのか分かりませんが(笑)、今年の初め頃は左肩が40肩になって数ヶ月程腕が上がらない状態(つっぱって肩の位置より上に腕が上がらない)で、寝ている時も腕が重く感じ寝苦しい時もありました。最近やっと良くなりましたので、今日どうでもよい記事として書いているのであります。
以..
posted by ウーロン at 00:27

2015年07月30日

黎明 第24章「教育」

前回のつづきで、黎明 第24章「教育」の抜粋です。
教育は、物事を正しく理解している人がそれに携ることで、初めて成り立つものですが、これまでに詳しく説明してきましたように、1990年代頃までの地球では、ほとんどの人達が正しくものを観ることのできない、自我意識に囚われている心の状態であることを、まず思い起こして下さい。このような状況の中では、人に何かを教えるという行為は、単に自分の偏見を相手に押し付けているだけで、教えられた方はもとより、教えてた本人も自分の迷いを深める作..
posted by ウーロン at 16:54

2015年07月29日

7月18日(土) 黎明セミナー「第24章 教育」

今日は、18日(土)の黎明セミナー「第24章 教育」の記事を書いてみます。
セミナー友達のぴっころさんのブログでも今回のセミナーの記事を書かれています。こちら
ぴっころさんは毎回丁寧にノートを取っておられまして分かり易く書かています是非参考にして下さい。
教育の章の勉強会だったのですが、安全保障法案の件があった後だけに、セミナー参加者からそう言う質問も出まして、以前からこのブログでも触れていますが、「闇の勢力にエネルギーを向けない」という事が重要であると再度仰っておりま..
posted by ウーロン at 01:31

2015年07月22日

フランス映画「美しき緑の星」

昨日はちょっとワープして来まして。笑
着いた先でフランス映画の「美しき緑の星」を御覧なさいと啓示を受けましたので今日観ていました。笑

 

全編はこちらのサイトからダウンロードできます。
 美しき緑の星には貨幣制度はすでに無く、能力も地球人より進化しており、自然と調和した生活を営んでいます。その美しき緑の星から地球へと派遣されストーリーが展開していきます。
星への派遣を募集する際に、他の星への派遣は多くの人が挙手するのに対し、地球への派遣は何度聞いても誰も行きたがらないと..
posted by ウーロン at 18:08

2015年07月15日

7月15日の記事

今日の国会での安全保障法案のやり方には納得できませんね!
このやり方の容認は憲法九条改憲へとまた一歩近づいてしまった印象です。
自分の子供世代達が戦争体験をする事の無いようにしなければ!
一部の人達の利益だけの為に!
前回の国政選挙の時にも自民候補者の秘書が挨拶に来たので、「今の自民には入れられない!」
って言ったら必死に何か説明していましたが、何の意味も無い。
今回の事もそうですが、TPPによる国民皆保険潰しにしても、原発再稼動も・・・何万年も放射性廃棄物を管理しなきゃいけない..
posted by ウーロン at 23:45

2015年06月16日

お店のBGM その2

今日は先週の続きでBGM機器の消費電力について記しておきます。
先週紹介した中華デジアンS.M.S.L社製SA-36Aですが、数ワットの消費電力と書いておいて間違った事を書くのは嫌なので、節電見える化グッツのサンワサプライ製ワットモニターTAP-TST8 をコンセントに接続して計測してみました。
P1040809.jpg
中華デジアンS.M.S.L社製SA-36Aの消費電力は、なんと1.5ワットです、40W電球の1/26。
1kWh=32円換算で、1日あたり0.92円。
P1040801.jpg
MP3プレーヤーのトラ..
posted by ウーロン at 19:19

2015年05月19日

黎明セミナーvol.2 第16章「善と悪」 A

前回に続き、黎明セミナーの記事を少し。
今回はセミナーの質疑応答でメモしてきた事柄を記します。
人をみた場合に、自分の持っている波動でその人をみている。人の悪い部分(不調和とみえる部分)というのは、自分自身がその波動を持っているから。
周りの人や物の神の部分をみるように心がける=普遍意識からの視点をもつ
自分の考えが真実だと思い込んでいる事からの脱却が重要。
普遍意識の視点であれば、心、感情が巻き込まれないですむ。
その人の波動が上がってくると、思った事が現象..
posted by ウーロン at 19:48

2015年05月12日

黎明セミナーvol.2 第16章「善と悪」

5/10(日)はお休みを頂きまして、黎明セミナーvol.2 第16章「善と悪」の勉強会に参加してきました。
今日はセミナーの記事をちょこっと。
今回のセミナーは葦原先生の身近な体験を踏まえたお話も多く、楽しく勉強させて頂きました。
普遍意識の観点から言うと、善悪はないと言うのが大前提である。
人は小さい頃からの教育によりさまざまな固定観念を仕込まれていく。
自分が如何に色々な制約に縛られているかを見抜く事が重要。
自由意思、創造力を持たされているのはヒューマノイド型生..
posted by ウーロン at 19:13

2015年05月05日

先週のつづき

先週からのつづきです。
とうもろこしの苗も大きくなってきたので畑へ移植しました。
P1040720.jpg
植え付けは発芽した19本。
P1040723.jpg
植え付けるスペースがあまり無いので適当な間隔で植え付けてみました。
P1040721.jpg
この時期になると家庭菜園の自作井戸も大活躍です。
話はかわりまして、今週も先週につづき太陽光発電関連の話題です。
アメリカの電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズが家庭用リチウムイオン蓄電池の記事で
posted by ウーロン at 23:32

2015年04月14日

アンマ大師の抱擁

秋の長雨のような気候で、なかなか春らしい陽気になりませんが先週は中学校の入学式でした。
P1040682.jpg
早いもので、もう中学生とは・・・。
ちょっと前まで白衣を着て
photo (1).jpg
一生懸命かき回して
photo (2).jpg
鍋で料理を、、、かぶっていたのに?
photo (3).jpg

 

話はかわりまして、今年はアンマ大師に抱擁して頂きに行こうと考えております。
以前の黎明セミナーの時に葦原さんのお話でアンマ大師はその人のオーラからでる愛の深さを見て微笑んでいると聞いた事がありますし、なにより波動の違う人と出会う..
posted by ウーロン at 02:00

2015年03月31日

「黎明」を学ぶ会vol.1 D

今回は誕生についてを書くのですが、あまり多くはありません。
胎児は母親のおなかの中にいる間は五官が機能していない分、精妙な感覚で知覚しているのでその期間の接し方も非常に重要。
赤ちゃんはとても高度な意識活動をしているが、肉体が機能してくると、それに囚われて、精妙な感覚が埋もれてしまう。
今回の黎明、第8章 「誕生と死」をテーマとする勉強会での重要点は、
・ 「死」に対しての知識
・ 意識は永遠だという事
・ 平安な心の状態で肉体を離れることの重要性
・ 死後の想念の..
posted by ウーロン at 01:34

2015年03月29日

「黎明」を学ぶ会vol.1 C

今回のセミナーも、前回ご一緒したぴっころさんと受講させて頂き、ぴっころさんのブログでもセミナーの記事がとても詳しく書かれておりますのでこちらも是非ご覧下さい。
転生についてのつづきです。
再び地上に転生して来る際には、指導霊との打ち合わせにより幾つかの人生のストーリーを見せられ、自分の学びに合った人生を選択し、生まれていく両親の指導霊とも相談の上、地上に転生して来る。また必要な能力も自らが選択した能力を身に付け生まれてくる。
ですから、覚えていないだけで、自らが..
posted by ウーロン at 01:28

2015年03月27日

「黎明」を学ぶ会vol.1 B

今回は、転生についてです。
肉体をまとうと、今生(こんじょう)以前の事は忘れてしまうが、過去の自らの選択により地球上で転生を繰り返している。
魂の目的によって転生のサイクルは違う、死後数十日でまた転生していく魂もあれば次の転生が千年先になる魂もある。
今は地球の変容の時期にあることから今回の魂の卒業を手助けする為に他の星から転生して来ている魂達もいる。
過去に他の星から地球へカルマを持込んだ事があり、その星から転生して来ている魂や、他の星での卒業の時期に解脱を選択せず..
posted by ウーロン at 00:50

2015年03月24日

「黎明」を学ぶ会vol.1 A

まず、本に書かれている部分もありますが、「死」についてです。
「死」とは肉体から、幽体が離れることを言う。
現代社会は「死」についてきちんと理解できていない。
アボリジニや、ネイティブアメリカンなど自然と共に生活している人達の方が「死」について理解できている、日本などの発展国のほうが理解に乏しい。
死んだら終わりではなく、肉体から意識が離れ、死の直後は肉体に近い媒体のエーテル体に意識の主体がある。
普段私達の会話などは、物質である肉体だけがおこなっているわけではなく..
posted by ウーロン at 02:06

2015年03月23日

「黎明」を学ぶ会vol.1

昨日は「黎明」を学ぶ会vol.1に参加してきました、第8章の「誕生と死」をテーマとした勉強会です。
大田区産業プラザ(PiO)の3階特別会議室での講演で、リンク先をご覧頂けると分かりますが、机も広くアームレスト付きの立派なイスで、とても良い会場でした。
講演会場内の撮影、録音等NGなので建物の外観と案内だけ写真を撮ってきました。
DSC_0005.jpg
斬新なデザインの建物でした。
DSC_0001.jpg
ちょっと暗いかな。
今回は何回かに分けて黎明を学ぶ会で心に留まった事を記していきます。
posted by ウーロン at 16:39

2015年03月18日

5/18の記事

前回の記事(本当の自分)は、なかなか良く書けていたのではないかと自負しているのであります。笑
今週はちょうど定休日に子供の小学校卒業式で臨時休業せずに済んだのですが、今度の日曜日(22日)はいよいよ黎明のセミナーなのでお店は勝手ながらお休みさせて頂きます。すみません。
IMG_0012.jpg
卒業式は子供達の合唱が綺麗で良かったな〜。
黎明は多くの人に読んでもらいたいのですが、上下巻で5000円を越えてしまうので、ここは自腹で貸し出し用として黎明上下巻を新たに購入してしまいました。
P1040509.jpg
今は..
posted by ウーロン at 19:03

2015年03月08日

地球の変容2

あくまで店長のひとり言ですが、普遍意識やアセンション、解脱、悟りだの書かない方がお店的にも個人的にも、変に勘違いされない為には良いに決まっていますが、あえて書いております。
自作太陽光発電のページは毎日100位アクセスがあり、まれにこのブログにリンクから訪れる方がおりますので、ちょっとした気付きになればと思っています。
ちなみにこれは秘密なのですが、ページ一番下にあるアクセスカウンタのTotalの数字をクリックすると、アクセスの集計が見られるようにしてあります…。たいした..
posted by ウーロン at 15:46

2015年02月25日

地球の変容

黎明を読み返していて、第12章 ”地球の変容”について
現在は56億年にわたる地球物質の歴史の中で最後の時期でもあり、かつ
生命の進化の周期約25764年で1周期となる、今回は28回目の最後の周期。
前半の約12882年は物質的・個人的なエネルギーが支配的となる時代(魚座の時代)
後半の約12882年は霊的・全体的なエネルギーが支配的となる時代(水瓶座の時代)
過去の前半の周期の終わりに、人間が前の時代の残存エネルギーに囚われたまま、あまりに不調和な表現を行っていた為、アト..
posted by ウーロン at 11:25

2015年02月18日

イバラード博物誌

きのう今日と雨で畑の作業が出来ず、今週の休日は来月の黎明セミナーの為に黎明上巻を読み返しております。
最近、例のドラムス子の兄も黎明を読む様になり、色々な話が出来るようになりました。
以前に黎明を読むように薦めたんで買ってはあったようですが、読んでいなかったんですね。
それで、黎明のあの部分に書いてあった○○××はどうだとかいう話になるんですが黎明全てを覚えているわけも無く、自分の気づきになった箇所位しか頭に入っていないので、家に戻ってから確認したりするんです。
黎明..
posted by ウーロン at 12:09

2015年02月11日

日曜(火曜)大工

今日の午前中は日曜大工で収納に棚を作り、午後から畑で作業をしました。
毎週だとシツコイので今日は畑の写真は無しです。笑
最近、普遍意識や解脱、はたまたアセンションネタから遠ざかった記事ばかりですが、来月中旬には黎明のセミナーもありますのでその頃にはまた、本筋に戻った記事を書くかと思います。
記事を書いてはおりませんが、日常、普遍意識や解脱、内観は常に頭の片隅にあり、必要でない思考や感情を選択しないよう、いつも自分と向き合う様に気をつけてはおります。
さて、
最近何か..
posted by ウーロン at 00:26

2014年12月24日

黎明(葦原瑞穂著)の記事

今日は黎明(葦原瑞穂著)の記事です。
来年3月22日の黎明セミナーに向け、黎明の第8章 誕生と死を読み返しております。今度の黎明セミナーはこの第8章 誕生と死をテーマとする勉強会です。
その第8章 誕生と死の最後の方の抜粋で、
これはあらゆる意識状態の人に共通して言えることですが、人間は肉体を離れて精神階層での生活を始めたからといって、突然に意識が向上したりするようなことはありません。
確かに肉体の制約がなくなった分だけ感受性は鋭くなりますし、より自由な表現が可能にな..
posted by ウーロン at 12:00

2014年11月28日

電力の自給

まず、ぴっころさんのブログで黎明セミナーの記事が更新されていました。11/16 11/23
前回の記事の続きの内容になりますが、
今週の休日は二日間とも雨でパソコンの前にいる時間が長く、おかげで東電と契約せずに横浜市内で電力自給の生活を今年始めたご夫婦の記事を発見致しました。
(本当は、この紅葉シーズンに林道をバイクで走りに行きたかっ..
posted by ウーロン at 01:16

2014年11月05日

11月5日の記事

自作太陽光発電のページをわかり易く編集し直しました。
自作太陽光発電(余剰売電のページ)自作太陽光発電(独立電源のページ)分けて、以前からある自作太陽光発電のページを余剰売電のページにし、今回頂いたソーラーパネルは独立電源のページの方に載せ、ゴッチャになっていたところをスッキリさせました。
今日は、家内とサツマイモの収穫をしました。
P1040320.jpg
葉が黄色くなって来たら収穫時、ということで。
P1040322.jpg
私の登場!
じゃなかった、主役はサツマイモです。
P1040324.jpg
ぼちぼち採れました。左の..
posted by ウーロン at 22:52

2014年10月26日

第4回 黎明セミナー 行って来ました。3

黎明セミナーの記事を書きたかったのですが、チョット忙しくしておりまして・・・。
葦原さんのイメージにとても近いのがこちらの写真ネットからお借りしました。)
1.jpg
あるヨギの自叙伝」の著者パラマハンサ・ヨガナンダ氏
あるヨギの自叙伝」はまだ読んだ事がないのですが、セミナーに御一緒した方(ぴっころさん)からおもしろい書籍だと教えて頂きました。
ぴっころさんも黎明セミナーの記事を色々と書かれておられますので是非ご覧下さい。1 2 3
葦原さんは車も好きで、オーディ..
posted by ウーロン at 23:49

2014年10月22日

第4回 黎明セミナー 行って来ました。2

今回はセミナーでのお話を少し書いてみます。
最近の災害について
掃除の時には埃が目にとまるのと同じように、この地球の変容の時期に於いては大きな変化が目にとまってみえる。
重要なのは、不安や恐怖心などのネガティブ感情を抱かず、客観的に物事を見て波動を下げないよう努める事が大事。
すべての人々が平穏な心でいるのであれば災害は起こらない、不調和な心が地球に影響を及ぼし反映として災害などが起きてしまう、人々の想念の影響力は大きい。
災害などに対して不安な心を持つ言う事は、そ..
posted by ウーロン at 13:46

2014年10月19日

第4回 黎明セミナー 行って来ました。 第4回 黎明セミナー 行ってきました。

今日はお店を休ませて頂き、第4回黎明セミナーに行ってきました。
当日の受付順で好きな席に座れるので、今回も早めに到着して並んで待っている際に、隣の方とお話をしていましたら、黎明のセミナーを知った切っ掛けがこの”店長のひとり言”である事が判明しまして、とても嬉しくなりました。その方のブログ
最近は黎明の書籍自体も、このブログを切っ掛けとして購入された方もいらっしゃいまして・・・、(笑)
実はとっても喜んでいるんですね、私自身が。(葦原さんも喜んでいるはずです。)(笑)
..
posted by ウーロン at 22:39

2014年10月14日

第4回「黎明」セミナー

19日(日曜日)は、いよいよ黎明セミナーです。
前回につづき葦原さんのお話が色々聞けると思うと今からとても楽しみで、今回も10時から4時半までと時間もたっぷりと思うのですが、いざセミナーが始まってみるとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
また今回も気にとまったお話を次回ブログにアップする予定です。
いまだ日常生活に普遍意識を顕現する目的を忘れ、自我に囚われている時間の方が長く、迷妄な日々を送っているのですが、もうそろそろ本業(中華屋の方ではなく)に力をいれていかないと駄目で..
posted by ウーロン at 23:34

2014年06月15日

「人は死なない」の矢作直樹先生もお薦め

人は死なない」の著者で、東京大学 救急部・集中治療部 部長 矢作 直樹氏の動画 人は死なない 東大救命医独自の死生観 10Youtube com この日本最高峰の救急医療の部長先生も「黎明」を躊躇なくお薦めできる本として取上げられています。 一条真也のハートフル・ブログさん http://d.hatena.ne.jp/shins2m/20120806/1344178909 以上。 どれだけここの店長は「黎明」を薦めれば気が済..
posted by ウーロン at 16:11

2014年06月13日

6/8「黎明」葦原瑞穂さんセミナー4

今回も6/8「黎明」葦原瑞穂さんセミナーに関してです。 セミナーを終えてカルマについて自分なりの解釈で書いてみます。 普遍意識の観点からすれば、「私」しか存在していないのでカルマや他人とのやり取り、日常の出来事など幻である訳ですが、解脱したとしてもこの肉体での日常の生活は続き、ありとあらゆる出来事は今と変わらず起こってきます。 ちなみに「僕一人ぐらい居なくなっても世の中に何の影響もないよ」という考えは大間違いで、「僕一人いないと言う事はすべては存在しない..
posted by ウーロン at 00:42

2014年06月10日

6/8「黎明」葦原瑞穂さんセミナー3

前回の続きです。 私達の本来やるべき仕事は、 ・ 日常生活の中に普遍意識を顕現する事により愛、光を世界に広める。 ・ どんな事が起きてもネガティブな感情を持たない、ネガティブな感情を意識的に選択しない。 と文章で書くと簡単ですが実際人間をやっているとネガティブな感情は産まれて来てしまいます。 「黎明」上巻P222に 常に平安で沈黙した心の状態を保つように心がけ、外の世界に反応しようとする不要な心の動きを鎮める為に、意識を自らの深奥の大いなる存在..
posted by ウーロン at 10:55

2014年06月09日

6/8「黎明」葦原瑞穂さんセミナー2

前回の補足です。 以前他の星でのアセンションに間に合わず地球に来た魂たちは何万転生に及ぶ期間を過していて、今回のこのチャンスを逃すと、また新たな低い表現領域の星での学びを何万転生と送る可能性がある。 新しい魂は常に産まれているので地球からスタートする魂も当然あり、そういった魂たちは低い表現領域の星でまた学びを続ける魂たちもいる。 天使たちの様に最初から低い表現領域での学びを選択しない優等生コースを歩む魂たちもいる。 反対に闇の方々の様に自我意識がと..
posted by ウーロン at 16:32

2014年06月09日

6/8「黎明」葦原瑞穂さんセミナー

今日は「黎明」の著者葦原瑞穂さんセミナーに行って来ました。 P1030776-s.jpg 「黎明」上巻にサインも頂いて来ました。 今日のセミナーでのお話をちょっと書いてみます。 ・ 昨年の八ヶ岳UFOコンベクションの時にもお話のあった10万人が普遍意識に目覚める事により、人類全体の波動が上がり地球のアセンションが可能となる。この10万人とは10万×10万=100億(地球人類の人口70億+アストラル体(幽界)にいる魂) 今回地球で起..
posted by ウーロン at 00:19

2014年06月07日

山林物件2

前回書いた「小型移動式クレーン」の技能講習なのですが講習を受ける教習所を住友重機教習所千葉教習センターで予約を取り直し6月17.18.19日で受けて来る事に致しました、住友重機教習所の方が家からの距離も近く講習料金も安かったもので。(数年前にユンボの教習所を探した時には気づかなかったな〜。) それで6月19日木曜日ですが、誠に勝手ながらお店をお休みさせて頂きます。前回書いてしまいました7月3日(木)は営業致します。 小型移動式クレーンの資格だけでは荷を掛ける事..
posted by ウーロン at 16:58

2014年06月04日

山林物件

以前も書きましたが、いつかは山奥で自給自足の生活などと考えているので、たま〜に「八ヶ岳 物件」なんかを検索して情報収集したりしておりますが、 最近、八ヶ岳にこだわらず「山林物件」が気になり調べてみたところ「山林物件」は非常に安い事がわかり(2000坪で200万円台とか)山林物件を物色しておりましたら、千葉から岡山の山林物件8000坪を購入した方のブログhttp://neoearthlife.com/okayama-sanrin-528.htmlを見つけました。 ..
posted by ウーロン at 00:11

2014年05月27日

6月8日「黎明」セミナー

6月8日(日)開催の「黎明」セミナーキャンセル待ちの話を以前書きましたが、先日「黎明」セミナーのスタッフの方からご連絡を頂き参加できる事になりました。 なぜか「参加できるだろーなー」と思っていたのでラッキーと言う様な感覚は無いのですが、素直にうれしいです。 と言う訳で申し訳有りませんが、お店の方は6月8日(日)は勝手ながら休業させて頂きます、すみません。 東京で今回の様なセミナーが行われ無かったらまた今年も八ヶ岳UFOコンベクションに参加しようと考えていた..
posted by ウーロン at 01:34

2014年05月18日

「黎明」葦原瑞穂さんのセミナー

ちょっと嬉しい事に昨年何度も取上げさせて頂いた書籍「黎明」の著者である葦原瑞穂さんのセミナーが今年から公に開催されているようです。 「黎明」セミナー 昨年は八ヶ岳UFOコンベクションに参加させて頂いて少しお話を伺えましたが東京でセミナーが開催されるとの事で早速申込みをしようとしたところ6月8日は完売でした。一応キャンセル待ちでお願いしてはありますが次回は10月との事でこちらも申込みが開始されれば申込む予定です。 東京以外では岡山、熊本、関西でのセミナー開催が決..
posted by ウーロン at 01:25

2014年02月26日

英国王室が破綻寸前!?

英国王室が破綻寸前との記事が目に留まりました、英国王室は闇の勢力でも上層部に近いと言われていましたのでいよいよ追い詰められて来たのでしょうか?レプティアン説もありますし・・・。 ムーブログさん英国王室が破綻寸前?そしてバチカンは・・。 NEVADAブログ危機的状況に陥るイギリス王室 レプティリアン説はありえるのではないかと思っているのですが、歴史は権力者によって歪められてしまいますし、例えば日本の場合、古事記、日本書紀の記紀は教科書でも習い本物と植えつけられ..
posted by ウーロン at 11:03

2014年01月01日

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 昨年末は甥っ子、おじいちゃん、うちの子、私の順で胃腸炎になり昨年最後の営業日だった29日は臨時休業させて頂きました、ご来店予定でいらしたお客様には申しわけありませんでした。 大晦日にはすっかり体調も良くなり毎年恒例お寺での除夜の鐘をついて来ました。 DSC_0005.JPG 「世界人類が平和でありますように」 上記は黎明に記されていたマントラです。 「自らの意識を向上させ..
posted by ウーロン at 03:25

2013年12月12日

八ヶ岳UFOコンベンション2

八ヶ岳UFOコンベンションのつづきです。 講演の最後で普遍意識について質問したところ永留さんがお答えになって下さり、 地球のアセンションは個人こじん(あなた次第)に掛かっており、約10万人の目覚めが起きれば百匹目の猿現象で地球のアセンションが可能である。 地球の物質世界についてのお話で、人間は可視光線しか見る事ができない。より精妙な波動を持った表現領域の世界(地球外生命などの世界)は一般的には知覚する事ができない。等々 その他の講演の内容を載せようと思いま..
posted by ウーロン at 23:56

2013年12月08日

八ヶ岳UFOコンベンション

昨日12/7(土)八ヶ岳の三分一湧水館にて八ヶ岳UFOコンベンションがありちょっと遠いのですが、行って来ました。 2013UFO.jpg 昨日は家内が小学校のPTAの会合だった為お店はお休みでしたので、私は八ヶ岳へ直行です。 今回八ヶ岳UFOコンベンションに行きたかった最大の理由は、以前何度もこのブログで取上げさせて頂いた、"とある書籍"の著者 永留祥男さんの講演が聞けると言うのが最大の理由です。 ..
posted by ウーロン at 23:50

2013年08月11日

黎明「新しい時代の地球」・「終章」

今回も黎明「新しい時代の地球」・「終章」を抜粋です。 「地球のアセンション」すなわち表現領域の移行は、既に定まった神の経綸であり、誰であろうと、この事実を変えることはできません。… 魂の地上における経験は、平凡な人間の一つの生涯でさえ、厖大な量に及びますが、自分と他人と言う分離意識があり、時間と空間のある世界の中で展開されてきた、地上生活という大いなるドラマの中には、星の数にも等しい様々な人生があるわけです。  このような多種多彩な人生をそれぞれ何千、何万と体験..
posted by ウーロン at 01:04

2013年08月04日

黎明「占星学」1

今回も黎明「占星学」の章を抜粋です。 いわゆる魚座の時代から水瓶座の時代への移行と言うのは、その周期の前半、すなわち獅子座から始まる一万二千八百八十二年の間に造り出したカルマのバランスを取ることと併せて、熟した魂、つまり地球圏での体験をもう必要としなくなった魂が卒業する時期に当っています。… いずれにしても、現在の地球は大小幾つもの周期の終わりが重なった極めて特殊な時期にあって、生命の表現領域が物質レベルからより高い波動領域に移行する、地球の歴史の中でも稀な時代で..
posted by ウーロン at 23:58

2013年07月24日

黎明「霊的向上の方法と瞑想」8

先日の参院選もまた衆院選同様自民党圧勝と言う「とほほ」な結果になってしまいましたが、山本太郎さんが当選できた事は良かったと思いました。 今回もまた黎明「霊的向上の方法と瞑想」の章を抜粋です。 悟りと言うものは一般的に誤解させているように、突然やってくるものではありません。それは普遍意識の現象世界への展開に伴って、ひとり一人の内に徐々に成長してくるものなのです。確かに本人にとって衝撃的な普遍意識の体験というものはあります。しかしながら、一度このような非日常的な体験を..
posted by ウーロン at 00:52

2013年07月11日

黎明「霊的向上の方法と瞑想」7

今回もまた黎明「霊的向上の方法と瞑想」の章を抜粋です。 この地球上で解脱を達成する為には、いかなることがあってもそれをやり遂げるのだと言う明確な意思を持ち続け、粘り強く自分の役割を果たしていくことがその期間を短くします。地上生活では次々と心を取り込むような出来事が起こってきますから、意識はこれらの現象ではなく、常にその背後にある「常在なるもの」に向けられていなければなりません。 実際、一日24時間のうちでどれだけの時間「内なる生命」に意識を向けていられるか、自分を現象..
posted by ウーロン at 23:46

2013年07月10日

黎明「霊的向上の方法と瞑想」6

今回もまた黎明「霊的向上の方法と瞑想」の章を抜粋です。 魂が成長して行く過程と言うものは、自我意識で把握することができませんし、把握しようと思えばそれが自我意識を働かせるので、成長が止まってしまいます。ただ、自分を取り巻く周囲の風景が美しく見えるようになったり、自分の周囲にいる人達が調和してきて、彼等、彼女等の意識が高まったように感じられたとすれば、それは見る人、すなわち自分のバイブレーションが上がったことを反映していますから、それと知ることができます。このような時に特..
posted by ウーロン at 10:39

2013年07月06日

黎明「霊的向上の方法と瞑想」5

今回もまた黎明「霊的向上の方法と瞑想」の章を抜粋です。 瞑想がかなり進んできますと、心はいつも平安で至福感に満たされるようになり、崇高な愛に基づいた感情と明晰な判断がその人の心を通して表現されるように成ります。また肉体も健康で活力に溢れ、他の何よりも瞑想に入ることが大きな喜びとして感じられるように成ります。このような生命に満たされた心の状態は、当然の事ながら外の世界にも反映されるように成りますから、毎日の生活は調和の取れたものと成り、制約された自我意識によってのみ造り出..
posted by ウーロン at 21:26

2013年06月30日

黎明「霊的向上の方法と瞑想」4

今回もまた黎明「霊的向上の方法と瞑想」の章を抜粋です。 意識を瞑想に持っていくには、自我意識の働く仕組みを良く理解しておくことが大切です。瞑想を始めようとする時に、ほとんどの人達がぶつかる問題のひとつは、止めどなく湧き上がってくる雑念にどう対処するかということですが、この時に気を付けて頂きたいのは、雑念をなくそうと努力してはいけないという点です。 なぜなら、雑念をなくそうと努力しているときには、その雑念に意識を合せ続けているわけですから、ますますエネルギーが注がれるこ..
posted by ウーロン at 15:17

2013年06月26日

黎明「霊的向上の方法と瞑想」3

今回もまた黎明「霊的向上の方法と瞑想」の章を抜粋です。 瞑想に限らず、内在の真理を求めるためのあらゆる種類の試みは、実践しようと思い立ったら「今、直に」始めることが大切で、このことはどんなに強調しても過ぎる事はありません。幾ら残念に思っても、過去に遡って始める事はできませんし、躊躇して未来を待てば、唯一創造の可能な、「奇しき今」を逃してしまうからです。「今やっている仕事が一段落してから」とか、「もう少し地上的な楽しみを味わってから」とか、「自分にはまだそれだけの心の準備..
posted by ウーロン at 14:00

2013年06月23日

黎明「霊的向上の方法と瞑想」2

今回もまた黎明「霊的向上の方法と瞑想」の章を抜粋です。 意識は現象に向ければ、それが現実のように感じられる幻影を造り出しますし(これが私達の多くにとっての日常の意識状態であるわけです)、実相に向ければ真実が自覚されるので、普遍意識の顕現を目指す人であるならば、意識の焦点を普遍意識の属性である、完全なる「愛」「調和」「平安」「光」「無限」「真理」「叡智」「永遠」に合せ続ける正しい瞑想を行わなければなりません。      しかしながら少しでも瞑想を試みられたことのある..
posted by ウーロン at 00:10

2013年06月17日

黎明「霊的向上の方法と瞑想」1

今回も黎明「霊的向上の方法と瞑想」の章を抜粋です。 地上に肉体を持っているような意識の発展途上の人は誰でも、多かれ少なかれこのような分離感を持っているものですが、こうした迷いに囚われたまま、それが幻影であることに全く気付いていない場合や、自分の中に分離感が生じていることに気付いてはいるものの、それらを悪として抑制したり、排除したりしようとする意識を働かせると、自我意識にエネルギーが与えられて益々深く罠にはまり込む事になります。 従って瞑想に際しては、自分の意識の中にあ..
posted by ウーロン at 00:32

2013年06月12日

黎明「日常の生活」4

今回もまた黎明「日常の生活」の章を抜粋です。 これは霊的な知識を多く蓄えている人がよく引っ掛る罠なのですが、自分の持っている限られた知識から造り上げた判断基準に照らして、他の人達を批判すると言う誤りを犯すことが非常に多くあります。 まず第一に、自我意識の狭い視野に囚われている人間が、自分や他人に対して正しい判断をすることなどできるはずがないのですが、そのことはひとまず置いても、他の人の欠点が見えるということ自体、見る人がその幻影を作り出す波動を持っており、なおかつその..
posted by ウーロン at 01:22

2013年06月04日

金融経済の行方について

最近「黎明」ばかり取上げていましたので、今回は今後の金融経済の行方について物語っている動画のご紹介です。 かと言ってそちらにばかり意識を向けすぎると闇の勢力の思惑通りになってしまいますので、世界の常識として見て置く事をお勧めします、まだ何も知らずに眠ったままの人が多すぎますので。 「モノポリーマン」 国際金融資本の詐欺手口 『Monopoly Men』 Federal Reserve Fraud 日本語字幕版 現在、金融緩和で日銀がお金をばら撒き故意的に株高に持って行..

posted by ウーロン at 08:24

2013年05月31日

黎明「日常の生活」3

今回もまた黎明「日常の生活」の章を抜粋です。 地上の人間が物質世界に何らかの関わりを持たなければならない以上、外界のより精妙なバイブレーションに感応し、同時に外の世界に対してより調和した表現を行うことを通して、意識が研ぎ澄まされ、進化していくと言う仕組みは最大限に利用すべきで、そのために日常生活の質を高めると言う配慮もまた、大変重要なことなのです。神が何の為に物質世界を創造されたかと言うことを考えてみれば、我々がそこでどのように生きるべきかと言うことも自明の理ではないで..
posted by ウーロン at 00:37

2013年05月27日

黎明「日常の生活」2

今回もまた黎明「日常の生活」の章を抜粋です。 五官から入ってくる現象世界の情報は、神の創造されたものに、人間の心が作用して造り出した幻影が重なって知覚される為に、解脱を目指す人達の多くは、自分の内側にのみ意識を向けようと努力し、五官から入ってくる情報は雑念として排除すると言う、極端な方法を採りがちです。しかしこの方法には大変な集中力が必要で、誰にでも簡単に出来ると言うわけにはいかない為、葛藤と焦りの中で一向に進歩の看られないまま、時間とエネルギーを浪費している人達も非常..
posted by ウーロン at 01:42

2013年05月25日

黎明「日常の生活」1

今回も黎明「日常の生活」の章を抜粋です。 鉱物以前から大師に至るまで、個体としてのあらゆる表現は、生命の大いなる営みから隔絶することは不可能であり、常に進化の途上にありますから、地球上の人間は誰であろうと、いつかは普遍意識に目覚めることに成ります。この原理自体は動かすことの出来ない自然の摂理ですから、基本的には何の心配もないのですが、現象世界の中で一刻も早く真理に目覚めるか、それとも多くの時間を費やして迷妄の限りを尽くすドラマを演じるかは、その人の自由意志に任されていま..
posted by ウーロン at 22:36

2013年05月24日

黎明「地場調整」1

今回も黎明「地場調整」の章を抜粋です。 エネルギー・シフトが度重なって、地球のアストル体やメンタル体を構成している主要な波動スペクトルが、対照的に高いバイブレーションに移行すると、当然のことながら低い波動領域の表現媒体は存在しなくなりますから、結果として地球の幽界は相対的に高い幾らかの波動領域を残して消滅することになります。この事は別の言い方をするならば、低いバイブレーションの表現が出来なくなると言う意味ですから、もはや地球圏では利己的な振る舞いや闘争、憎しみや恐怖の感..

posted by ウーロン at 00:25

2013年05月22日

黎明「光と影の識別」7

今回もまた黎明「光と影の識別」の章を抜粋(一部省略)です。 外の世界に不調和な表現が見えるとき、それを悪と考えることは誤りであると既に述べましたが、そもそも外の世界と自分とを区別していること自体が、正しい視点とは言えないわけです。しかしながら意識の発達途上では、このような視点における説明や対処の仕方も必要になる場合がありますから、そのようなときには「自分の至らないところを、(神が)未熟な人達を使って見せてくれている」と考えると良いと思います。 周囲の出来事は全て自分の..
posted by ウーロン at 12:35

2013年05月20日

黎明「光と影の識別」6

今回もまた黎明「光と影の識別」の章を抜粋です。 アクエリアスの時代のエネルギーの中では、利己的な振る舞いをする人達や、敵対心を持って戦う人達は自滅して逝きますから、世界経済の支配などという不調和な表現に対しては、放って置いて好きなようにさせておくというのも賢明な方策のひとつです。地球全体としての浄化の過程が最終的な段階に達すると、利己的な動機に基づいた不調和な表現は、影の勢力の地上の代行者が思いも寄らなかった伏兵、すなわち地球のバイブレーションの変化に因って一掃されるこ..
posted by ウーロン at 02:00

2013年05月19日

黎明「光と影の識別」5

今回もまた黎明「光と影の識別」の章を抜粋です。 霊的に正しい視点から観れば、このような陰謀説を唱えること自体が、自分の中にある原因によって生じた問題を、外側に敵を造ってそのせいにしようとするわけですから、単なる責任転嫁であり、未熟な心のみが行う迷いです。ただ、普遍意識の視点から全世界の人々の個人意識を観察して観ると、結果がかれらの思い通りになるかどうかは別にして、世界経済の支配を考えている少数の人達がいることは事実ですので、こうした陰謀説の総てが作り話であると決め付けて..
posted by ウーロン at 00:24

2013年05月17日

黎明「光と影の識別」4

今回もまた黎明「光と影の識別」の章を抜粋です。 全知全能である普遍意識は、その人その瞬間における正しい対応を宇宙的視野に立って示し続けていますから、その自由な表現を妨げることのない平静で透明な心の状態を保ち続けて、外部の情報や「陰謀説」をも含めたあらゆる固定観念を、完全に心から解き放っておくことが他の何よりも大切なことになってきます。 地上で必要な衣食住に関しても、本人が全体と調和していれば、全てのものは自動的に供給されるのが摂理ですし、普遍意識の観点では、地上及び精..
posted by ウーロン at 01:33

2013年05月13日

黎明「光と影の識別」3

今回もまた黎明「光と影の識別」の章を抜粋です。 「陰謀説」の言うように、パーソナル・コードの登録に直面し、しかも「ノー」と言わなければならないと考えている人達は、自給自足の出来る環境を作り始め、様々な実需品は皆で分かち合えるような協力関係を持とうしてすでに活動しており、それはそれで自由にやって頂いて良いのですが、あらゆる出来事は普遍意識がその総てを司っていると言う不変の原理に立てば、外側の世界がどんなに混乱していたとしても、絶対的平安の心の状態に留まり、自らの深奥より表..
posted by ウーロン at 01:45

2013年05月11日

黎明「光と影の識別」2

今回もまた黎明「光と影の識別」の章を抜粋です。 これは重要な点ですので何度でも繰り返しますが、ひとりひとりの心の中に光と影、普遍意識と自我意識の両方の表現の可能性があって、人生上の様々な局面で分離感が生じた時に、影の勢力はそれを利用して地上に不調和な表現を行うことが出来ると言うだけに過ぎないのです。つまり裏を返せば、私達が常に偏在する神の愛そのものとして普遍意識と共に在れば、影の勢力は地上に表れる余地が無いと言うことになるわけです。 闇の勢力を抱き参らせる方法は、..
posted by ウーロン at 23:56

2013年05月10日

黎明「光と影の識別」1

今回も黎明「光と影の識別」の章を抜粋です。 この分離感を持った魂達が後輩達の足を引っ張ることによって、結果的に相手を成長させる役割に転じていったわけで、彼等を一般に影の勢力と呼んでいますが、誤解の無いように言うならば、彼等もまた人類の進化のためにひとつの役割を担っている存在であり、より深い愛を必要とする我々の同胞なのであって、敵意や恐怖心の対象とすることは、未熟な意識レベルの対応であることを特に強調しておきます。それはこうした分離感こそが、影の勢力からネガティブな影響を..
posted by ウーロン at 01:06

2013年05月08日

黎明「善と悪」2

今回もまた黎明「善と悪」の章を抜粋です。 解脱に至る以前の人間は、意識の進化に応じた自由意志を行使できる範囲を持たされていると同時に、自然法則によって、普遍意識の表現からズレた分だけカルマが生じ、その混乱の体験によって自他共に成長していくと言う二重の仕組みが創られています。普遍意識のレベルすなわち宇宙本来の状態としては、こうした地球生命系の進化の仕組みに看られるような制約は一切存在していないのですが、神の無限の創造力を未熟な魂が自由に使えたのでは宇宙は崩壊してしまいます..
posted by ウーロン at 23:06

2013年05月07日

黎明「善と悪」1

今回も黎明「善と悪」の章を抜粋です。 人間は意識が未発達な段階では、自分の波動で見ている外部の存在物の印象が、自分の心の創作物であることには気付かず、恰もその存在物の属性であるかのように錯覚していますから、外の世界にあるように見える悪と戦おうとするわけですが、実際には知覚されるものの全てが、自分の心の中にあるものを投影しているだけだと言うことが理解できるようになると、自分自身の意識を変えることが、あらゆる問題の唯一の解決法であることに気付くので、外側の世界に見えている、..
posted by ウーロン at 21:59

2013年05月04日

黎明「地球の変容」2

今回もまた黎明「地球の変容」の章を抜粋です。 地球のバイブレーションが変化する時に、仮にそれに付いていくことが出来ない人達が、他の惑星に転生するような事態が生じ、地球人類の現象上の分離が起こったとしても、意識の未熟な人達が、未来の地球から追放されると考えることは適切ではありません。このような考え方は分離感に基づくものであり、排他的、もしくは否定的な波動を含んでいますから、自分もまた同類となる準備をしているようなものだということを、肝に命じておいて頂きたいと思います。 ..
posted by ウーロン at 23:24

2013年05月04日

黎明「地球の変容」1

今回も黎明「地球の変容」の章を抜粋です。 この人類の卒業の時期には、後述する波動変化サイクルが反映されることに因って、その文明期の物質文明が絶頂に達していることがほとんどですが、これまでの周期では、大半の人達が物質に囚われたまま利己的な目的の追求に走り、全体の目覚めには至らなかったために、人類の意識が変容することは叶わず、反対に浄化のプロセスによってその文明がほぼ崩壊するといった現象が、過去に何度も繰り返されてきています。 このような崩壊現象は、その性質上歴史に残るこ..
posted by ウーロン at 00:00

2013年05月02日

黎明「生れ変り」2

今回も黎明「生れ変り」の章を抜粋(一部省略)です。 これは少しばかり余談になりますが、過去世で既に解脱に至り、もはや地球上に来る必要のない意識状態に戻った魂が、特別な使命のために再び肉体に化身してきた場合であっても、肉体に入るとまた外の世界に完全に囚われてしまって、自分の本源を思い出せず、使命も忘れたままで、再び転生のサイクルに入ってしまうようなケースもあります。 まことにもって地球圏の磁場の強さには侮れないものがあります。 肉体を持つ前には、肉体を持った後の意識状..
posted by ウーロン at 23:19

2013年05月01日

黎明「生れ変り」1

先週から読んでいた黎明下巻を今日読み終えました。興味のありそうな友人と兄にこの本を紹介したところ早速購入したようで色々な気付きが得られる事と思います。 今回は黎明「生れ変り」の章を抜粋です。 普遍意識は宇宙の持つ無限の叡智と一体であり、そのものであるが故に、地球圏の様々な迷妄の実体を正確に把握しており、自分自身はこの迷妄から解脱していて、個々の魂を自覚に至らせるあらゆる手段、導き方を知り尽くしている。従って私達にとっては、内在の叡智である普遍意識の展開を妨げないこ..

posted by ウーロン at 22:35

2013年04月27日

黎明「創造の原理」1

今日も黎明「創造の原理」の章を抜粋です。 実在とは遍満する無限のエネルギーであり、時間がなく、空間的な距離もなければ方向もなく、総てがそこに「ただ在る」状態のことです。この状態を仏教では「無」とか「空」とか言う言葉で表現しますが、これはこれらの言葉から創造されるような「何もない」と言う意味ではなく、「総てがある」と言う状態を示しているのです。 地上とその影響下にある波動領域で知覚されている、唯一の生命の様々な個的表現形態、例えばひとりの人間は、私達の多くの日常的な..
posted by ウーロン at 23:21

2013年04月27日

黎明「普遍意識」4

今日もまたまた黎明「普遍意識」の章を抜粋(一部省略)です。 地球人類の意識も徐々に進化していますので、次第に普通の人達が普遍意識を顕現し始めるような時代に移って行き、やがては産まれて来るほとんどの子供たちが初めから普遍意識の中に在るように成って、それに伴い地球は大きな変容を遂げることになります。目覚めた魂が卒業していく過程は、地球生命系が後述する25764年周期の二分点のひとつに当たる、魚座の時代から水瓶座の時代に移る過渡期には必ず大規模に起こってきたことなのです。 ..
posted by ウーロン at 00:29

2013年04月25日

黎明「普遍意識」3

今日もまた黎明「普遍意識」の章を抜粋(一部省略)です。   普遍意識の顕現とは普遍意識が自ら行うのであって、私達の多くが日常自分だと思っている個々の意識(現象我)が行うのではありません。従って、どのような手段を採るにしても、解脱を目標に掲げてその為の努力に夢中になると、自分では気付かないうちに自我意識を働かせていて、努力をすればするほど自我をますます強化する作業になり、結果としてかえって解脱を妨げてしまうという、多くの人達が陥ってきた罠にはまってしまう危険があります。..
posted by ウーロン at 23:51

2013年04月24日

黎明「普遍意識」2

今回も黎明「普遍意識」の章を抜粋(一部省略)です。 それでは「真理を悟る」とは、一体どのようなことなのでしょうか。この当然の疑問は、思考を越えたものを、思考によって捉えようとするよくある間違いに陥る可能性を含んでいますから、慎重に話を進めたいと思います。  私達の個的意識が進化して、自らの内に在る本質が顕れていくと、顕在意識の上限がある特定の波動領域に達したときに、「自分は宇宙そのもので在り、宇宙を創造した主体で在る」と言う真理が、疑う余地のない実感を伴って体験されま..
posted by ウーロン at 22:10

2013年04月24日

黎明「普遍意識」1

黎明「普遍意識」の章を抜粋(一部変更)です。 分離意識は、地球上で特殊な経験を得るという当初の目的にかぎってみれば、必要以上の成果を修めることになりましたが、個別化された意識がそれぞれにとって必要な地球圏での体験を完了し、本来の普遍意識の状態に還っていく地球生命系の卒業段階(今現在のこと)になると、今度はこの長い歳月にわたって培った分離感が障害になるのです。 この分離感から地球人類の多様な固定観念が派生してくるわけですが、こうした様々な制約されたものの見方から自分を解..
posted by ウーロン at 10:48

2013年04月23日

黎明

先日メグミンさんのブログで紹介されていた”黎明”という本の上巻を今日読み終えました、2730円とチョットお高いのですがこの本はお勧めです、本の厚さもあり読むのに時間が掛かりましたが。 この上巻に書いてあった↓

「地球の大いなる変動期に光の柱となって、地球圏の混乱を最小限に止め、可能な限り多くの魂が未来の地球に残れるような仕事をする役割の人達(読者の皆さんのことです)」

これを読んで益々責任重大だと感じた次第です、今この時期に自分の内側に意識が向いている人の役割を再認識さ..

posted by ウーロン at 22:30